パトリオット・ウォー ナチス戦車部隊に挑んだ28人の作品情報・感想・評価

パトリオット・ウォー ナチス戦車部隊に挑んだ28人2016年製作の映画)

Dvadtsat vosem panfilovtsev/Panfilov's 28

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:112分

3.5

あらすじ

1941年、“バルバロッサ作戦”が開始されナチスドイツがロシアに侵攻。11月には、モスクワは大軍に包囲されようとしていた。首都郊外のヴォロコラムスクを守備していたパンフィロフ将軍指揮下の第4中隊は、ドイツ軍装甲師団による猛攻撃に直面する。圧倒的な敵の攻勢の前に、部隊は瞬く間に壊滅状態に。だが、「後退する場所はどこにもない。俺たちがモスクワを守る最後の砦だ」という指揮官の言葉に奮起し、生き残ったわ…

1941年、“バルバロッサ作戦”が開始されナチスドイツがロシアに侵攻。11月には、モスクワは大軍に包囲されようとしていた。首都郊外のヴォロコラムスクを守備していたパンフィロフ将軍指揮下の第4中隊は、ドイツ軍装甲師団による猛攻撃に直面する。圧倒的な敵の攻勢の前に、部隊は瞬く間に壊滅状態に。だが、「後退する場所はどこにもない。俺たちがモスクワを守る最後の砦だ」という指揮官の言葉に奮起し、生き残ったわずか28名の兵士たちは、降伏ではなく徹底抗戦を決意する。敵は54台のⅣ号戦車部隊。味方の装備は対戦車ライフルと爆薬だけ。それでも男たちは、絶対不利な戦いに挑んでゆくが……。

「パトリオット・ウォー ナチス戦車部隊に挑んだ28人」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

3.5
新宿シネマカリテの「カリコレ2017」での鑑賞2本目。ロシア国民で知らない者はいないとされるエピソード「パンフィロフの28人」。第2次世界大戦中、ナチスドイツの戦車部隊にわずか28人で立ち向かったロシア兵たちの“物語”を、ロシア文化省の後援とクラウドファンディングにより映画化。

このエピソードはねつ造疑惑があるという。制作者のアンドレイ・シャロパ氏は<映画は戦時中の伝説にまつわる芸術的な見方であってドキュメンタリー作品ではないとも強調>し、同氏にとっては<旧ソ連時代の戦争映画の輝きを取り戻すことが重要>で、<「人々はこうした映画を長い間求めていた」>という。
(http://jp.wsj.com/articles/SB12651166888765394352004581165943210406316)

ということでこの映画は、ロシア、ソビエトの誇りを取り戻せ系の映画、なのかな。ロシア政府も資金を出しているくらいだし。ドイツの攻撃を28人で跳ね返したって、本当なら物凄いエピソードだけれど、事実かどうかはあまり関係ないのかもしれない。

見どころはもちろん、戦闘シーン。これがナカナカの迫力。戦車や戦闘機、兵器が好きな人にはたまらないかもしれない。激しいドイツ軍の攻撃をしのぎにしのいで、絶対絶命と思ったら、ドラマチックなラスト展開。確かに盛り上がるよね。

第二次世界大戦中旧ソ連がフィンランドに侵攻した「冬戦争」で、「雪中の奇跡」と呼ばれたフィンランドの戦いぶりを描いた『ウィンター・ウォー 厳寒の攻防戦』という映画を観たけれど、それと似ている。もっとも『ウィンター・ウォー』は史実に基づいていて、全然劇的ではなく、観ている方も疲弊して終わる。

本作については内容がどうかという以前に、何故、今この時期に制作されたのかということが重要なのかもしれない。そう思うと、ボンヤリ観終えてしまったことがちょっと悔やまれる。

●物語(50%×3.0):1.50
・戦闘シーンに入るまで断続的に寝落ち。故に「ロシアは広大だ。だが、撤退できる場所はどこにもない。われわれの後ろにあるのはモスクワだ」があまり響かず。

●演技、演出(30%×4.0):1.20
・戦いぶりはナカナカ。こういうこともあるのかも、と思いつつ観てしまった。

●映像、音、音楽(20%×4.0):0.80
・戦闘シーンの迫力は凄いっす。

このレビューはネタバレを含みます

戦争映画に珍しく、塹壕から顔だしてヘッドショットくらうシーンがなかったです。
血が出たり、手足が吹き飛んだりするシーンもないんで、ライトな戦争映画という印象。
おりこ

おりこの感想・評価

3.1
この手の映画には珍しくロシア周辺国のカザフスタン人と共に戦っていた。塹壕からパパパーっと撃つだけ、各キャラがたってないのでストーリーとしては平坦だったけど、実話で英雄としての慰霊公園まであるのね。ちょっとプロパガンダ的だったかな。
好戦的な大国ゎクラウド・ファンディング35,000人で、こんな映画を製作しちゃうのね❗

「七人の侍」の話をする兵士達 ...
冗談を云い、恐怖をまぎらわせながら、敵戦車大隊を迎え撃とうとする中隊だが、僅かな銃器と穴堀にハリボテゃ囮しか対抗手段がない

モスクワ寸前の最前線、ソ連 vs ナチスの壮絶な攻防戦の結果ゎ?

( ̄ー ̄)
ナチスドイツのソ連侵攻時の話。
圧倒的な銃器に戦車に飛行機とでモスクワ一歩手前まで攻め込んで来たドイツ軍をひ弱な銃器に援軍も来ずただひたすら穴を掘って塹壕を沢山作り応戦する、その数28名
以下にしてこの状況を死守できるのか…ってお話。

クラウドファンディングにより作られた作品だが、戦争の描写はなかなか迫力もあり見応えはある。
yas

yasの感想・評価

3.9
ノーマークだった映画だけど、そこそこの評価なので鑑賞。

戦闘シーンの迫力に驚いた。
想像以上に高い完成度。

キャラ設定がちょっとわかりにくかったのが残念だが、充分楽しめた。
temmacho

temmachoの感想・評価

4.0
ロシアでは知らない人はいない「パンフィロフの28人」の伝記映画。
Ⅲ号/Ⅳ号戦車が1/16のミニチュアらしいけど、実車にしか見えない再現力!
円谷プロも真っ青です。
戦車ファン必見‼️
>|