アトラクション -制圧-の作品情報・感想・評価

アトラクション -制圧-2017年製作の映画)

Притяжение/Attraction/Prityazhenie

上映日:2017年08月08日

製作国:

上映時間:117分

3.0

あらすじ

それは突如やってきた― ロシアの首都モスクワに巨大な宇宙母船が墜落。 圧倒的な大きさでモスクワの街をなぎ倒し多くの死傷者を出しながら“それ”は着陸した。初めて遭遇する地球外生命体に戸惑う人々。ロシア政府は即座に戒厳令を敷き事態の鎮圧を図ろうとする。一方、軍の司令官の娘ユリアは、宇宙船とともにやってきた異星人の一人で、科学技術者であるヘイコンと知り合い仲を深める。異星人に対する排斥の機運が高まる…

それは突如やってきた― ロシアの首都モスクワに巨大な宇宙母船が墜落。 圧倒的な大きさでモスクワの街をなぎ倒し多くの死傷者を出しながら“それ”は着陸した。初めて遭遇する地球外生命体に戸惑う人々。ロシア政府は即座に戒厳令を敷き事態の鎮圧を図ろうとする。一方、軍の司令官の娘ユリアは、宇宙船とともにやってきた異星人の一人で、科学技術者であるヘイコンと知り合い仲を深める。異星人に対する排斥の機運が高まる中、ユリアはヘイコンが自身の惑星へと戻る為に必要なデバイスである“シルク”探しに協力する。

「アトラクション -制圧-」に投稿された感想・評価

天狗

天狗の感想・評価

2.1
それほどひどくはないけれど、TSUTAYA 詐欺系。

ロシアならではの壮大なVFX を大いに期待して観たのですが、最初だけやん❗

ほんで宇宙人、単なるイケメソやん❗無精髭生えてるし。

稚拙なラブストーリーやん❗

ということですね❗
ドゥ羅

ドゥ羅の感想・評価

2.6
笑った雑すぎて
そんな簡単に好きにはならんよ

なんか全てが半端。
久々に鑑賞中に寝てしまった。

ツッコミどころの多さで言えばおもしろい
欅

欅の感想・評価

2.7
バリバリのSF思いきや かなり人間関係重視でした
ハリー

ハリーの感想・評価

3.6
ロシア産SF。

突如やってきた巨大な宇宙船。彼らの目的とは。。

宇宙船のデザインは割といい。球体に回転する輪っかみたいなデザインでシンプルだけど光るところが神秘的。

宇宙人のパワースーツも案外かっこいい。

ロシア映画特有の全体的に湿った雰囲気の映画。ドラマパートは結構見応えある。家族の問題、カップルのいざこざなど。

アクションシーンも最後の方であるし、人間が彼らのパワースーツを着て暴走気味に暴れるのもストーリーの展開からして納得する。

ラストは切ない。人間と宇宙人の恋は実らない運命。

観る前と後では映画の印象が変わった感じがする。SFラブストーリー。
Hakhakhak

Hakhakhakの感想・評価

3.5
悪くない
Ken

Kenの感想・評価

5.0
人間の愚かさが滲み出ていて、よい映画でした🎬
ちよみ

ちよみの感想・評価

2.1
SF映画を見ていると思ったら唐突に始まったティーンズラブストーリー
しかもヒロインが恋に落ちる宇宙人はなんと人間の姿をしている(笑)
低予算ドラマ見てるんじゃないんだからさぁ・・・
しかもキャラクターの感情もシーンがどんどん進むごとに何の脈絡もなく変わっていく。

そして最後はお決まりの人間は争いごとをしていて愚かだ、で終わる。そんなテーマ今初めて出てきましたが。


どこかで見た映画の継ぎ接ぎ感が凄くて、話が一つの文脈にまとまっていないとてもヒドい映画。
ぴーと

ぴーとの感想・評価

2.0
え~と、自分はこれ…だめです。墜落シーンの映像美、音楽と期待が高まり宇宙人との遭遇あたりまでの展開はよかったと思います…でも後半だめだこれ…人物描写も展開もとっちらかって「え?なにこれ」「なんでそうなるの?」「なにしてんの?これ今」となってしまいもう修復不能。だいたいチョーマのせいです。チョーマに関しては謎だらけでした。

墜落シーンがクライマックスでそこまでの作品でもよかったかなと思ってしまいました。

電車(?)の窓の曇りを拭いて飛ぶUFOを見ようとしてるのに窓の外にUFOが見えなかったのが失笑してしまった…巻き戻したけど確認できなかった…彼は何を見ていたんだろう…
パステルネオンのSNS映えラブファンタジー
>|