アトラクション -制圧-の作品情報・感想・評価

アトラクション -制圧-2017年製作の映画)

Притяжение/Attraction/Prityazhenie

上映日:2017年08月08日

製作国:

上映時間:117分

2.9

あらすじ

「アトラクション -制圧-」に投稿された感想・評価

宇宙人以外
みんな身勝手
まあ
それが
人間
M

Mの感想・評価

1.3
アトラクション制圧の意味を
教えてください(笑)
なかなかの薄い内容。
鑑賞した時間がもったいない
Mitsuhiro

Mitsuhiroの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

墜落シーンのCG、BGMで圧倒されました。
序盤は良かった。
反戦映画と思いきや
浮気が原因で宇宙人に「お前らの文明もまだまだやな〜」って言われて
最後に浮気も映画の内容と矛盾点も全てを文春砲で水に流されるという‥
毒猫

毒猫の感想・評価

3.0
CGのクオリティ等は高い
俳優さんもかっこいいですしビジュアル面はなかなかよかったと思います
メカニック関係も独特さがあって良い

ストーリーに関しては、市民とエイリアン側みたいな対立のさせ方してたと思うんですが
市民代表の人がナチュラルボーン屑過ぎて悲劇シーンやっても少しコミカルに感じてしまうのは可哀想でした

このレビューはネタバレを含みます

初?かもしれないロシア映画!ん?は?はぁ??みたいな展開が多すぎじゃないですかね
原作だとその辺の経緯がちゃんと説明されてるんでしょうけど

映像には力を入れてるみたいなんですけどねぇ…話がこれだと残念すね日本沈没ロシア版ですかね
20190113
描写はすごくいいのに中身が入ってこない
yuukun46

yuukun46の感想・評価

1.5
え、思ったより皆さん評価高くてびっくりです。
身勝手な行動ばかりする主人公、一大事なのに軍務より娘のことばかりで職権濫用の大佐、主人公の彼氏の反グレリーダー等自己中の登場人物多過ぎです。侵略者(たまたま地球に寄ったらソ連軍に勝手に撃ち落とされただけ)との戦闘もまさかの肉弾戦で10分程度、最後なんとかメッセージ性のある内容に無理矢理まとめた感じと相当な製作費用かけたわりにはZ級でした。
なや

なやの感想・評価

3.6
クオリティは高いのかもしれないが、やはりヒロインが無能すぎて見ていられない。無駄な正義感で周りを振り回すタイプの人は嫌いです。
比べて彼氏さんは振り回されながらもカリスマ性があってなかなか活躍していたのはプラスポイント。
これはこれは ナーメテーター!


DVDのパッケージの雰囲気から、B級SFの低予算バカ映画かな〜なんて思って軽い気持ちで観ました。

意外や意外
かなり繊細でズッシリくる力作でした。


物語自体は目新しいものではありませんが、逆に余計なことをしていないといいますか、
純粋に"愛"を描いていて、楽しくも、しんみりしました。

登場人物の変化や行動原理は全部根底に"愛"があるんです。



ロシア映画ということで、前半の宇宙船墜落シーンのCGとか、リアルだし迫力あるんだけど、ハリウッド映画のCGとは、やはりどこか雰囲気が違い、
見慣れた映像とは一線を画す、目に楽しい場面でした。

あとエイリアンのデザインもカッコよかったです。
本当強そうだし、優しそう。

巨大な宇宙船が墜落して、宇宙人も現れたのに、次の日学校が再開してたりするのが、リアルで良いですね。


クライマックス手前に僕の大好きすぎる展開があったり、エイリアンの星がボルヴィックのCMっぽい綺麗さだったり、犬が可愛かったり、
とにかく大好きな映画だな〜と見ながらずっと思ってました。



作中、病院に運ばれてくる人たちの怪我の原因は、基本エイリアンは関係なく、暴動等による、人間同士によるものだったりするのも皮肉でいいですよね。
これだけの事態が起きてて、エイリアンはわりと蚊帳の外といいますか。


低予算映画っぽかったりとか、
ラストにセリフで説明しまくる説教臭さとか、チャーミングなところも含めて好きです。
>|