wakako

ミスター・ノーバディのwakakoのレビュー・感想・評価

ミスター・ノーバディ(2009年製作の映画)
4.0
本作と間違ってミスター・ノーボディを観てから早10ヶ月ほどが経ちようやく鑑賞。

すーーーっごい緻密に作り込まれたストーリー。寿命を迎える主人公が過去を振り返り、あの時こうしてれば未来はこうなっていた...という幾つものパラレルワールドをバラバラに組み合わせて自然にまとめられた作品。

この監督の頭の中どうなってんの〜
同監督の"トト・ザ・ヒーロー"と被る要素が多く、謎が深まるばかり。病んでるんかな?"八日目"も見てみます。

映像もトトでみた鮮やかで心地よい色使い。それに加え、時たま映るシンメトリーな構図がウェス・アンダーソンを思わせる。

狂言自殺に主人公に対する母親の無関心は"ハロルドとモード"だったり、他にも名作のオマージュがたくさん散りばめられていて楽しい。

初見では全てを理解は出来なかったし、拾いきれなかったネタも多いので、この先何度も繰り返し観たい作品。