ソフィア・コッポラの椿姫の作品情報・感想・評価

ソフィア・コッポラの椿姫2016年製作の映画)

La traviata

上映日:2017年10月06日

製作国:

上映時間:141分

3.8

あらすじ

「ソフィア・コッポラの椿姫」に投稿された感想・評価

Aika

Aikaの感想・評価

3.9
2018年劇場始めはオペラから。

昨年どーーしても劇場公開中に行けず悔しい思いをしていたら、恵比寿で追加上映がありました。ありがたい!!

オペラの傑作「椿姫」をガーリーの神様ソフィア・コッポラがオペラ初演出。

私はオペラは全くの素人で「椿姫」も2017年METのビリー・デッカー演出版しか観たことがありません。
なのでただの素人目のメモ程度です。

ヒロインの高級娼婦ヴィオレッタの衣装を手掛けたのはヴァレンティノ。
もうこれが美の極みで、その艶やかなドレスを見るだけでうっとり。ヴィオレッタがアップになるたびドレスのディテールを凝視してしまう。特に1幕の黒のドレスにブルーグリーンのフリルがあしらわれたドレスが超絶好みでクラクラ…

1幕ではそんなドレスのロングトレーンが見事に生きる大階段が舞台中央にドドンと置かれる。
2幕では話の雲行きが怪しくなるとともに、バックスクリーンの天気が変わっていくわかりやすい演出。
パーティシーンでは女性たちのドレスは黒で統一。でも一人一人異なるディテールがとても凝っていて、それがシックだけどとても華やか。あぁ一枚一枚じっくり見せて欲しい…!
3幕で出てくるヴィオレッタのベッドは色味は抑えてあったものの、女性は誰もが一度は憧れるような姫ベッドでした。
ネグリジェのパフスリーブの中に薔薇が入ってた!寝にくそうだけど超かわいい!

主役のふたりも私は好みだったし、他の演出と違い男爵や医者も独立したキャラクターになってたのも面白かった。

衣装も演出もモダンで耳だけではなく目でも楽しめる、オペラ初心者にはもってこいな舞台になっていたと思う。

私はソフィア・コッポラの映画は作品によって好みがかなり別れるので、合わなかったら長尺きついなと思ってたんですが、珍しくほぼ眠くならずにオペラを完走できました。

次はMETの「La Bohème」は絶対観に行こうと思ってます♡たのしみ〜!
Coco

Cocoの感想・評価

3.0
なんと言うか、人間の声ってすごいなぁ…
衣装が見たいというよこしまな気持ちで見に行ったけれど、映画とはいえ初オペラ。
重厚すぎて疲れたけど、最後まで驚きと共に見た。
もとこ

もとこの感想・評価

4.6
9月の公演みにいけなくって、泣いて泣いて泣いて…何の気なしにネット徘徊してたらAmazonで観れて…泣いた

陶器のような肌にヴァレンティノのオートクチュール
そして表情を豊かにする繊細なレースたち

どのシーンも絵画のように美しくてため息
生演奏がそこに彩りを添える

砂で作ったお城がほろほろと崩れていくような第3幕は圧巻だった
愛を知るほどに抗えない自らの定め
すべてを悟った彼女の歌声は、魂の叫びのように聞こえた

ローマ歌劇場にトリップな贅沢すぎる2時間であった
marin

marinの感想・評価

5.0
日本公演を東京文化会館で観劇。
ヴァレンティノのドレスは椅子に腰かけたときにとってもきれいで、キウリとピッチョーリのドレスもすっごくきれいだった。

人の喉はどんな楽器にも勝る、と思った。
涙で視界が霞むのが惜しいくらいに素晴らしかった。椿姫のストーリーはアレンジが加わってて、2人が最後に会えたからこそ増す悲しさもたまらなかった〜
Yumi

Yumiの感想・評価

3.5
生でも観たけど、シネマオペラだと字幕が読みやすいのと、細かい表情まで見れるのが良いなと思います。
potzkun

potzkunの感想・評価

-
ソフィアコッポラがそこそこしか楽しめない私ですが、(美意識がそこまで高くないのかもしれない)オペラとの組み合わせで化学変化が起こって好きになるかも…と期待しつつ、やはり普通にそこそこ楽しんだ。少し寝た。療養中のパフスリーブに花が入っている衣装がとても素敵だった。壮大な自己犠牲の精神でちょっと悲劇のヒロインだなーとか冷めつつも、当時はそういうのを演じるのが人の癒しになったのかなあと思ったり。オペラ生で見て観たいなーと思った。
ソフィア・コッポラ監督が演出を手掛けたオペラ「椿姫」。

華やかなドレス、素敵なネグリジェ。家具も豪華でそれらを眺めてるだけでも目の保養になります。歌声や音楽も美しい。

オペラは初鑑賞だけど意外とすんなり観れました。じっくり観れるのは映像の良いところかも。字幕もありますし。

実際に生で観たらもっと音響体感できて素晴らしいのかなぁと思いました。

生オペラ、いつの日か機会があれば観てみたいです。
白

白の感想・評価

3.5
先日「椿姫」を演奏した私にとって結構timelyな上映。
ヴィオレッタが華やかに映え、主役三人以外(ガストーネ等)にもスポットライトが当たって良かった。比較できるほど他演出を観てないが衣装やセットの絢爛さは感じた。
しかし「椿姫」は好きなVerdi作品ではない。やはり音楽が重要ですよ。
うい

ういの感想・評価

1.0
ダメでした
大変豪華で、素晴らしかった
歌声に魅了された
>|