フラットライナーズの作品情報・感想・評価

「フラットライナーズ」に投稿された感想・評価

ちひろ

ちひろの感想・評価

4.0
医学生が、臨死体験時の脳波を取ったりするサイコ実験系。映画のオチとしては、弱いけれど、臨死体験中に、あぁいう映像を見て、その後苛まれるというのは大いにありそうで、時間が経ってからゾクゾク体にくるものがあった。
想像してた感じと違った。

途中、面白くなりそうだったけど、そのまま盛り上がらず、退屈な映画だった。
ai

aiの感想・評価

2.8
なんか個人的に色々深読み出来る映画だったけど、なんていうか結局マトモなのは一人しかいないじゃん研修医。
JiGEN

JiGENの感想・評価

3.4
2019年 56作目
5月 8作目
たき

たきの感想・評価

3.0
医学生が好奇心で始めた
禁断の臨死実験
死後7分
それは、決して超えてはならない領域ー。

まずこの作品はパッーケジ負け映画。

それは良しとしよう。
パッケージ負け映画はごまんとあるし…

でも、↑で書いたやつ。

《《《死後7分》》》

死後7分要素どこにあった??
全然なかったよね?

死後7分に何かあるんだろうな!
スリルある展開、ドキドキな展開になるんだろうな!!

と、思いきや何もなし。

なぜパッケージに書いたのか…

それが無ければもっと良かったよ…

死後2、3分で全然楽しめたよ…

おしるこさんが書いていたように、
前半は医療系のドキドキ。後半はホラー系のゾクゾク。
で、結構面白かった!!

でもあまりにもラストが、はい??って感じの終わり方だったので星3つに。
pfkr

pfkrの感想・評価

1.0
記録。
ramachi

ramachiの感想・評価

2.6
臨死体験。できなさそうで実際にありえそうなこの感じ。みんなぶっ飛びすぎだし、身近に人を殺したとか傷つけた人が集まりすぎでしょ(笑)もう少し面白くできたんじゃないかなぁと思うけど。。
まずこちらを観てからオリジナルを観たほうがよかったかなって思いました。

オリジナル→わりと観念的な作品。野心を持って神の領域に行こうとしたとびぬけて優秀な医学生達が「良心の痛み(罪の意識)」という実に人間的な原因で挫折するが、人として大切なものを手にする話。24(サザーランド)のクズっぷりが人間の弱さのかたまりみたいで憎めない。

リメイク→パリピな良家のお嬢さんお坊ちゃんたち(一流大学の医学生)がほぼノリで臨死体験を行った結果、ほんのちょっとまともな人間に(たぶん一瞬だけ)なる話。24は指導教授として普通に出演。命令無視して正義を貫いたりはしそうにない役でした。

別物だと思えばどちらも楽しめそうです。
でもリメイクをドキドキしたり怖がったり、笑ったり突っ込んだりしながら観た後でオリジナルでずどーんてくる流れのほうが私の好みだったかな。

けどこっちも嫌いじゃないっす。
紅孔雀

紅孔雀の感想・評価

3.5
オリジナルは、生死の境を越えるタブーを扱った秀作で、以前、4.6点もつけちゃってました。
さてリメイクの本作は、と言うと、生死の境を超えると過去の罪業が復讐するというありきたりな展開で、ちょっとがっかり。(カミングアウトしても変わらぬ)エレン・ペイジの魅力には脱帽ですが、臨死体験という稀有のテーマを活かしきれていないのが残念でした。
>|