うみんちゅー

クワイエット・プレイスのうみんちゅーのレビュー・感想・評価

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)
3.4
音を出したら"何か"に襲われる世界。

そんな世界を生きる主人公一家は常に音に注意し、手話を駆使し、生き延びる。
アレルギー鼻炎持ちで年中くしゃみしている自分には生きていけない世界。

登場する夫婦はガチの夫婦で、耳の聞こえない娘役の子は本当に耳が聞こえない。リアリティへのこだわりが伺える。

題名の『クワイエット・プレイス』(原題:A Quiet Place) は本作の世界を表している題名だが、同時に劇場内のことも表している。会話が殆ど手話で行われる為、この映画、本当に静かなんです。故に、劇場内もクワイエットプレイスになります。お腹がグーってなったら確実に近くの人に気づかれますし、ポップコーン食べるだけでも気を遣うかも。なんとも緊張感ありありな映画に仕上がってます。

IMDbでの評価が高く、とても気になっていた作品でしたが、ハードル上げすぎたかな…面白いけど絶賛される程ではないように感じてしまった。
割と疑問も多いし。ツッコミどころ多いって言われてるけど、細かい事は気にしないようにしましょう。