きょん

クワイエット・プレイスのきょんのネタバレレビュー・内容・結末

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)
2.0

このレビューはネタバレを含みます

設定としては、異世界生物(?)に条件下で襲われてしまうから、その条件を回避しながら生き延びる話。あまり好きじゃない設定やけどおもしろそうやったし観てみた。映画が始まってからほんとに音がない、ほぼほぼ無音。これ、映画館でみてたら大変よ。ポップコーンなんて食べれへん。ジュースすら飲むの躊躇いそう。それぐらい音がない映画。こんな映画初めてみた。ただ、ずっと音がないだけに、突然の爆音に死ぬほどびっくりする。夫婦がイヤホンで音楽を聴きながら踊るシーン好き。パパが息子と娘のために犠牲になるシーン、つらかったなあ。ただ、あの最後の手話、ぐっときすぎた。もっと話に展開が欲しかったし、映画よりドラマ向きな気がした。あと、あのモンスター、デモゴルゴンやったな、最後。