クワイエット・プレイスの作品情報・感想・評価

上映館(1館)

クワイエット・プレイス2018年製作の映画)

A Quiet Place

上映日:2018年09月28日

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

あらすじ

「クワイエット・プレイス」に投稿された感想・評価

SKR

SKRの感想・評価

-
安映画って感じ、それが閉鎖的で怖かった
映画館で観ないと多分面白くないしホラーというよりSFサバイバル?
しま

しまの感想・評価

3.8
記録*.+゚
Juke

Jukeの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

音版バードボックス。
最近音を立ててはいけないとか見ちゃいけないとかが流行りなんですかね笑

ホラーでも物語がしっかりしてました。
人物の心情を拾いながら、
展開はコロコロ前に進んでいくので、
バランスがうまく取れている点が良かったです。

またしっかり解決策まで提示し、
希望のあるエンディングで好きでした。
『プラダを着た悪魔』『メリーポピンズリターンズ』のエミリー・ブラント主演。思っていた以上にSF映画でしたが、登場人物が少ないことで家族と未知なる敵の構図に見入ってしまいました。よくあるパニックものと違い時系列にこだわりもあるので世界観がまだまだ見えてこない今の状況がかえって面白さを増してます。
Qkaz5

Qkaz5の感想・評価

3.0
音響効果を逆手に取ったアイディア勝ちの作品。これだけで1万点!

作品の世界観を説明する前置きはないが、オープニングでこの映画のルールを分かりやすく教えてくれる。

この状況下での子作りに関しては賛否あるけど、赤ちゃんという存在が主人公たちに「音を制御できない」というハンデを担わせる装置なんだと思う。
だから、モンスターに襲われるかどうか?というハラハラは出産以降に演出されている。

エミリー・ブラントが珍しく女性らしく見えてたけど、エンディングでいつもの男前になったのは思わず笑ってしまった。

続編はエミリー・ブラント無双でお願いします
left

leftの感想・評価

3.5
映画館で見るべき映画って言われてるけどその通りかもしれない

今住んでる自宅が壁薄いから音量下げて見たけども、最低でもイヤホンはするべき映画だったと多少後悔…

音が大事な映画だと思う
思ってたんと全く違う話やったな

まさかのエイリアン系とは

全体的に変な緊張感がアリ
なかなかエグさもあり
楽しめました

父親のシーンは
グッとはきました

ラストが
悪くもなく
良くもなく
んん〜〜っ
まぁ良いかな!!!
みけた

みけたの感想・評価

3.7
音がほとんどなかったように感じた
音を出すスリルを観ながら感じてた気がする
SF感はあったけど表現は面白かった
一夢

一夢の感想・評価

3.7
ポスターを見て「おいおい…ドント・ブリーズの公開が終わったばかりなのに早速焼き直しかよ?アメリカらしいな?」という先入観とともに鑑賞したら、ドント・ブリーズとミストが融合したような新感覚ホラーでビックリ。

パニック系のホラーでありながら、家族愛も丁寧に描いているのがお見事。自分はDVDで観たけれど、映画館で観る場合は本当に物音一つ立てられなさそうだ…。

何でこんな極限状況で子作りしとんねん、など突っ込みたい部分は要所要所にあるが、よく考えたら突っ込みどころの少ないホラー映画の方が少なそうだ。ラストシーンは人類の壮絶な復讐の始まりを感じさせるエンドで、かなり好み。
ツッコミどころは多々あるけども最後まで楽しく見れました。
今までなかった設定でホラーゲームみたいでよかった。
気づかれる音の許容範囲が微妙だったり、この状況で子供つくるなんて無謀な家族計画したり。

クリーチャーはショットガン一発で死ぬくらいでそんなに強くないからワザと呼び出して軍隊が空爆でもしたら勝てんじゃない?とか思ったりはしたけど。空飛べるのかな?

ちなみに俺なら寝てる間に屁こいて即死してます。
>|