クワイエット・プレイスの作品情報・感想・評価

上映館(1館)

クワイエット・プレイス2018年製作の映画)

A Quiet Place

上映日:2018年09月28日

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

あらすじ

「クワイエット・プレイス」に投稿された感想・評価

紫

紫の感想・評価

3.3
かなり心拍数が上がるようなスリルが味わえた。湿度の高い染み入るような恐怖ではないので、夢に見たり後を引くようなことはあまりなさそう。その場で思い切った怖さを味わえる。
たまたまこの作品では人間が狩られる側だけど、視点を変えれば人間もまた狩る側である。結局なぜその種が繁殖したのか、人間がこんなに繁殖してる意味はあるのか考えてしまう。
Runa

Runaの感想・評価

3.1
なるほど映画館で見たら息詰まりそう笑
お姉ちゃんが終始アホの子みたいな行動とって
展開を邪魔している感。
クリーチャーが何なのか結局わからないし
モヤモヤする。
しかも最後になって倒し方わかったぜベイビーみたいな顔して終わるけど
普通に耳が良いクリーチャーなら
そこ狙うべきって考えないかしら…と
ツッコミ所満載なびっくり映画。
じろ

じろの感想・評価

3.5
パニックホラー
作中に引き込まれて
あっという間に終わってしまった

単純に面白かった
M

Mの感想・評価

3.7
記録
tommy

tommyの感想・評価

3.3
ほぼ音のない映画といってもいいのでは。
でも、緊張感ありまくり!
評価は分かれてるみたいだけど個人的にはとてもアリな映画でした!
MY

MYの感想・評価

3.5
記録
花粉症の僕は、自分でもびっくりする程爆音のくしゃみが出るんです。

バフンッッッッ!!!!

ぐらいの。
そして、これは自制出来ない。

この映画の世界で、もし花粉が舞っていたなら、僕は短いその生涯を終えていた事でしょう。

音を立てたら"何か"がやって来る——

宇宙から飛来した"彼ら"は盲目で、聴覚が異常に発達している。音を立てたターゲットに瞬時に襲いかかり、喰らう。しかし、ある家族は知恵を凝らし、音を立てずに何とか生き残っていた。

お父さん役のジョン・クランスキー。彼こそが監督、脚本、製作総指揮を執っていたとは!!

そして今や押しも押されぬ存在感、お母さん役のエミリー・ブラント!!

子役のミリセント・シモンズちゃんは、自身が聴覚障がい者であるとの事で、「ワンダーストラック」と同様、聴覚障がいを持つ長女役を好演。

弟くん役のノア・ジュプくんは「ワンダー 君は太陽」に出ていたよね。

彼らはこの静寂を破る事なく生き残る事が出来るのか…!?

以下防音壁に囲まれたお部屋でネタバレ含めて好きな様に語りますので、未鑑賞の方は耳を塞いでご退室下さい。


















まぁ、誰もが仰る様に、これは言わねばならんでしょう。

な ん で 妊 娠 し た の ! ?

末っ子を亡くしてしまった為に?
人類存続の為に?
そんなの関係なくデキチャッタのかも?

しかし間違いなく、この出産の瞬間というタイミングと、いつ泣き出すかわからない赤ちゃんという名のハイリスク・ハイリターンな存在が、緊張感を倍増させる!!

エミリー・ブラントのいきみながらも口呼吸で音を立てない様にする演技がいい!!

それにしても、破水して釘踏んで悶絶して出産して(自分でへその緒切って)ライフル構えているお母ちゃんが逞しすぎます。産後すぐにあそこまで動ける人はおらんやろ!!

あと、毎回花火を上げる訳にもいかないし、音の出るオモチャとか、爆竹とかを常に携帯して、奴らが来たらそれを遠くに放り投げてその内に逃げるとか、意外とその準備がないのがなぁ。

…とツッコミながらも楽しめる。

それにしてもこれは劇場で観た方が絶対良いやつ。
自宅でも、張り詰めた緊張感のその余韻でその後物静かに過ごしましたけど。
I9M

I9Mの感想・評価

4.1
評価が低かったからあんまり期待はしていなかったが感動があり好きでした。
カツン

カツンの感想・評価

4.7
パパかっこよすぎる
確かに新しい感覚のホラーだったが、で?っていう感じでした。
>|