クワイエット・プレイスの作品情報・感想・評価

クワイエット・プレイス2018年製作の映画)

A Quiet Place

上映日:2018年09月28日

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

3.4

あらすじ

「クワイエット・プレイス」に投稿された感想・評価

ローズ

ローズの感想・評価

3.6
始まった途端、ポップコーンも食べられなくなる。劇場中がシーンと静まり返った緊迫感を味わうなら、絶対劇場で観るべき!
自分のお腹の音が気になって仕方なかった。笑
色々と突っ込み所はあるものの、ホラーのツボをちゃんと押さえていて、期待に応えてくれる良作です。
出演者もほぼ家族だけの中、役者の演技が見事でした!
好きだったーー!後半なんか泣いちゃったし最後なんかオチがあって笑っちゃった
声や音を出したらNGという発想が面白い!

しかし、ちょっと想像してたのと違ったかも!笑

いや、後半からはわりと私が想像していたテイストに近づいたのですが…

もっと最初から最後までサバイバルホラー感強めを想像してました(笑)

で、あの女の子が耳につけてたのって補聴器だったんですね(笑)

私ずっとワイヤレスのイヤホンみたいなものなのかなと思って観てました(笑)

鑑賞後に調べて補聴器だと分かってようやく、家族みんなが手話を使えていたことに納得(笑)

「難聴」という、通常であればハンディキャップだと考えてしまう要因が、生き残る武器になる展開はすごく面白いなと思いました。

自分がこの状況になったら…

絶対すぐ死んじゃいますね(笑)

奇跡的に何ヶ月か生き延びたとしても…

私、花粉症なので、くしゃみ我慢できずに春には死にます(笑)
す

すの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

ホラーだと思っていたけどサスペンスかな〜
ホラーにおける自己犠牲があまり好きではないので、父ちゃんは死ななくても良かったんじゃないかと思います 息子の為にも生きてくれよ あと咆哮するぐらいなら娘と息子に向かって愛してるって叫んであげなよ
coro

coroの感想・評価

3.2
綻びだらけ。なのに、物音ひとつたててはいけない状況下で交わされる瞳と瞳と手と手がエンディングまで誘ってくれる。

"愛は静けさの中に"で、マーリー・マトリンに出会ったときと同じような衝撃を受けた"ワンダーストラック"のミリセント・シモンズ。実際に聴覚障がいを抱えた彼女の哀しげな手話が物語をより一層際立たせている。そして、エミリー・ブラント。こんな状況下で身籠もるなんて!と絶句しながらついつい許してしまう困惑顔が魅力的(笑) 。瞳の奥にこんなに物憂げな表情を浮かべる女優さんって、今、目に浮かんでくるのはダイアン・ウィーストとミシェル・ウィリアムズくらい

そんな彼女の実の旦那さまが命の限りに叫ぶ、一点の曇りもないベタな言葉に、涙。








以下ネタバレ

手作りの補聴器から聴こえてくる未来にトライポッドの苦しむ姿が重なる
トム

トムの感想・評価

3.1
なんで泣いたか全然意味分からんけどほっぺたツーなった

このレビューはネタバレを含みます


ホラーは苦手だから普段見ないけどそんなに怖くないよということでみてみた

ホラーというよりサバイバルに近い(笑)

音を立てたら即死という設定の割にわりと大きめの音が見逃されたりしてて怪物こんのかい(笑)ってなるときもあった

最初に男の子が一瞬で持ってかれてヒヤっとした。お父さんが大声出して犠牲になるシーンは流石に泣けた。家族愛って泣ける

こんな危機的状況で赤ちゃん作るのは、戦争のときに子孫を残そうとして子作りをする現象に似ているのか、、、赤ちゃん産まれた瞬間から泣くのに大丈夫か、、、

超音波みたいなやつで怪物がひるむのも謎だけどラストの女の子とお母さんがやったるで感でてたのがめちゃくちゃカッコよかった。強い女最高

怪物さいしょはキモいしこわいとおもってたけどだんだんかわいくなってきた、見慣れるというか、マヌケなとこがあるなーと

正直怪物よりも階段に刺さってるクギのほうがこわかった
MEW

MEWの感想・評価

3.0
設定が上手かった。演出手法も。音を出したらナニかに襲われるから映画は終始静か。襲われる時だけ音が出る。よくできてるなー。ストーリー自体はシンプル。疲れずパニック映画。
Kin

Kinの感想・評価

-
ホラー映画としては異色でした。これが好きって言うとテーマパーク系ホラーが好きなのかって言われてカチンとしました。以上!
>|