クワイエット・プレイスの作品情報・感想・評価

クワイエット・プレイス2018年製作の映画)

A Quiet Place

上映日:2018年09月28日

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

3.5

あらすじ

「クワイエット・プレイス」に投稿された感想・評価

「ドント・ブリーズ」以降の息詰まる体感型緊張映画ですね。
最初、「何か」ってのに少し退きましたが、けど物語の展開、次々と迫り来る危機また危機をなんとか乗りきっていく感がとても巧妙で、こちらも結構楽しめました。
ぼく

ぼくの感想・評価

2.0
設定がちょっとガバガバに感じた
こわかった
るんた

るんたの感想・評価

2.8
脚本もこの家族も、とことん詰めが甘い映画だな〜と…。こんなに感情移入ができなかったのは初めてかもしれない。
mina

minaの感想・評価

3.4
あの状況でなんで子供を作ろうと思ったのかが謎すぎる。。
最後に敵を倒す糸口が見つかったのは良かったと思います。バードボックスのラストは解決?ではなかったので。。
音に反応して襲撃してくる何かによって、人類は滅亡の危機にさらされていた。リー(ジョン・クラシンスキー)とエヴリン(エミリー・ブラント)の夫婦は、聴覚障害の娘ら3人の子供と決して音を立てないというルールを固く守ることで生き延びていた。手話を用い、裸足で歩くなどして、静寂を保ちながら暮らしていたが、エヴリンの胎内には新しい命が宿っていた。
仲村2

仲村2の感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

びっくりした映画序盤までめちゃめちゃ音立てたら襲ってくる耳弱幽霊系だと思ってた全然違った。
全くの怪物系でしたねデザインはザ・サイレンスのベスプ強化版って感じ…
でも前半がほぼ喋らないし音も立てないから後半の音の強弱が最高に良い雰囲気でした畳み掛けがすげえ

一回本編観ただけでは主人公の家族や怪物の存在の細かい部分は何もわからないんですけどその世界の人たちにとっては怪物の存在ももう知れ渡ってるしそれをいちいち説明しない作りもある意味観やすいと思いました。

ただ残念なのが娘役があんまり可愛くないことでしたザ・サイレンスのキーナンシプカとは違い過ぎるそこも含めて登場人物に対して気にしなくてもいいんだよということなんですかね。

今回の怪物音が大きく聞こえすぎるから基を断とうとしてるかはわからんですけど耳とは別に頭部の開く構造はちょっとやっぱりよくわからんかったです。なぜ開いた。
Z

Zの感想・評価

5.0
エミリーブラントほんと可愛い。
宇宙人的な感じもあって、意外性が‥最初思っていた映画とは違ったけど人間は強い笑
いつみ

いつみの感想・評価

3.5
この状況下でなぜ身籠もる?!

大きな音出したらダメなのに家の中で物がごちゃごちゃしすぎじゃない??私なら壁に掛けてる物とか落下しそうな物はとりあえずしまい込むけどなぁ。

銃で殺せたりあんな弱点があるならば、そもそも人類はこんなにも追い詰められてる状況にはならないのでは?!

とかとか気になることは沢山ありすぎるくらいにあったけど、単純に大きな音を立ててはいけない設定にドキドキして時々息を止めちゃったりしながら楽しみました。

破水からのシーンにはめっちゃハラハラ。
そしてその家族愛にはウルウル。
>|