クワイエット・プレイスの作品情報・感想・評価・動画配信 - 6ページ目

クワイエット・プレイス2018年製作の映画)

A Quiet Place

上映日:2018年09月28日

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

3.4

あらすじ

「クワイエット・プレイス」に投稿された感想・評価

まつげ

まつげの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

わりと面白かった

パパが監督と脚本を兼任してるとなると
あの最期の見方が変わる笑
満を辞して死んだだろ笑
ushi

ushiの感想・評価

4.0
おもしろかった
エミリーブラントの演技が多分とても好き。

出産のシーン
女強しと思った

ラストシーン
女強しと思った
オープニングからひたすらに無音。
静まり返る荒れた街で、"音" に対して異常に神経を澄まし無音を貫こうとする家族とその緊迫感に、この状況の異様さを思い知る。

玩具の音を鳴らしてしまった男の子が、
父親の助けが1歩届かず、無惨にも怪物に殺されてしまう無情さ。からのクワイエット・プレイスよタイトル表示が最高すぎてめちゃめちゃ興奮した。
最初から絶望MAXな世界観!!!


テンポよく、あの尺の短さで世界観の恐ろしさも見せるのに成功し、さらに激アツな展開のてんこ盛り!!!
脚本めちゃくちゃ良くない?!

この絶望に溢れた世界観と一切の音を出せない緊迫感。 見せるのが上手すぎでは??
この展開はアツい!!!って流れを汲み取りまくって、見たかったシーンを余すまで見せてくれる。。

父親が子供達を守るために最後の音を出すシーンがもう絶望と悲壮感に溢れてて...

よもや女の子の補聴器の周波数が奴らの弱点だったとは。マイクで増幅させるとは。弱った隙にヘッドショットで殺せることに気づいた母娘のクリーチャーとの闘いを予感を残したままエンドロールを迎えるとは!!
その展開はズルいって~!!


容赦なく死ぬ子供、
異常な程の緊迫感、
耳に特化した恐ろしいクリーチャーが見れるのも最高すぎるし、
赤ん坊が生まれた時の対処、
花火を使った撹乱、
歩く道は石灰を巻く、
とかの" 無音 " の異常な生活の一部が
見えたのもめちゃめちゃ良い...!!!!!

あれだけ手話で会話してたのに、滝の傍で雄叫びを上げる抜け技があるのとか好き。

ロケットや釘や父親の作業場の伏線もしっかり回収されてて素晴らしい。。
クリーチャーがしっかり怖いのもいいね!

家族以外の登場人物はほとんどいないが、
森で出会った、奥さんを今し方殺されてしまった老人の絶望と堪えきれない悲痛な嘆きが最高すぎ。
そのまま殺される無情さも相まってお気に入りのシーン。


これは次回作が楽しみすぎる...!!
弱点を知った母娘が最強ハンターになって、
それでもチートなクリーチャーが出てきてくれたりしたらもう感無量だな...
変な続編作られたら許せないかも。

バードボックスを彷彿とさせるけど、
どっちが先だっけ? どっちも好き

好みだったので満点👌🏻(評価ゆるゆる)
りん

りんの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

弟を失い自分のせいだと悩んでるお姉ちゃんがすごく可哀想だった。
なんでこんな世界で赤ちゃんを産もうと思ったのか、末っ子を亡くしたばかりで作る気にもならないけど、
そこばかり気になってた。

地下室のクギを踏んでしまい、
せめて、その後ペンチか何かで丸めといて!って思ったのは私だけ?
絶対他の誰かも踏むじゃん!って…
ショットガンで倒せるなら、
こんなに我慢する前に軍とか倒せてそうだけどなぁ〜

でも、まぁまぁ楽しめた
ぴい

ぴいの感想・評価

3.2
イヤなことしか起きなくて笑った。釘のシーンがピーク。最後の絶望感に立ち向かう果敢な表情が良かった。
dosukoi

dosukoiの感想・評価

3.0
音を出したら、即死。ということで、基本セリフや音が少ない。
だからこそ日常にある普通の音に敏感になり、それでさえもビクッとしてしまう…。自分もその世界に入り込んでしまったかのごとく、ドキドキした。
くるみ

くるみの感想・評価

1.5

このレビューはネタバレを含みます

終始疑問…
音を立ててはいけないのに色々徹底されてない。
なぜ子供つくった?なぜ子供を守れなかったと後悔してる間子供を外で放置?なぜ一列に並んで歩く時子供を後ろの方に放置?なぜ音を立ててはダメなのに色んなところに音が鳴りそうなものが置きっぱなの?
謎すぎる…浅い…
音を立てると謎の気持ち悪い生き物が襲ってくるので、ひたすら静かに生きてる家族の話。

息をひそめて静かに暮すのも大変だな。
でも日本の集合住宅とそんなに違わない気がする。
マナ

マナの感想・評価

4.0
怖い系が苦手な癖に、エミリーブラント観たさに観てみた。
ツッコミどころは有りつつも、全体を通して緊迫感が半端なく、スリル満点だった。
スリルを楽しめる人には、随所で堪らないシーンがある。
猛烈な家族愛を表現しているので、ストーリーに落ち着きもあって、役者全員の演技力の高さで、恐怖だけではない様々な感情表現がなされるのを無音で観るのが、大変面白かった。
自分の鼻息すら、堪えてしまう作品だった。
でも、本当に怖かった…。
奇しくも、手話が出てくる映画を2本観ると、手話を習いたい願望が再燃。
chiba

chibaの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

ワンダーにでてた子
でてた
ホラー、幽霊系かなと思ってたけど違った

お父さん……泣
音をたてたらいけないとか
厳しすぎる
この世界にいたら間違いなくすぐ殺されてる