タグのネタバレレビュー・内容・結末

「タグ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

とっても面白かった!あっという間に見終わってしまった。
ハングオーバーのステュ役のエド・ヘルムズは相変わらずいい役してたー。ジェレミー・レナーは言わずもがな最高。あの身のこなしは完全にクリント・バートン。笑 彼の低くて落ち着きのあるハスキーボイスは本当に魅力的。エンドロールの歌も上手すぎ。あとアイラ・フィッシャーめっちゃいい。顔も声も好き。
何かかこつけてみんなで集まるのって大事だなぁと思った。サークルの仲のいい友達とはよく「お誕生日お祝いしよー」って集まってるけど、何歳になってもどこにいってもこうやって集まってたいな。こういうことが大事なんだろうなぁって思う。最後に本人たちの映像が見れて嬉しかった。実話ベースってとこも素敵。
内容にはあんまり関係ないけど、セーブルがセラピストの先生に言われてた''di#kless''って単語がツボった。そんな単語聞いたことないわ。でも僕も気持ちは分かるよ、、、
この映画を見て知識や能力があったとしても堅い大人になるより子供のような心を持って楽しめる大人になりたいと感じた。

「老いて遊びをやめるに非ず、やめるから老いる」

フランクリン(?)の名言だが自分の人生において、これをモットーに生きたいと思った。
あ、ドイツの学者グロースさんでしたっけ?
エクストリーム鬼ごっこのシーンがめちゃくちゃ楽しい。
いくつになっても馴染み深いあの場所で昔と同じメンツであの時のようにふざけてる。憧れるなぁ。あの手のラストには弱い。いい大人が子供のようにはしゃぐ。最後に出てくるモデルとなったおじさんたちの様子。あんなに楽しそうな幸せな映像なかなか見ない。
"老いて遊びをやめるに非ず やめるから老いる"
・毎年5月に鬼ごっこをするバカたちの話
・キャラハンの会社に侵入するためだけに今の仕事を辞めて清掃員になるバカ
・ホーギーの変装毎回クオリティ高めで笑う
・キャラハンやり手サラリーマンかと思ったらちょっとポンコツ
・それ以上に鬼ごっこをネタにしようとする記者の女の人もバカ
・お父さんと大麻吸ってたらホーギーの嫁が訪ねてくるっていう意味分からん構図の中、非常階段からジャンプして地面に落ちていったチリ
・ホーギーの「俺は鬼じゃない」からのキャラハンの体当たり笑った
・確かに鬼ごっこってタッチされてもタッチし返せばいいもんね
・3人でバッシバッシ叩きあいするシーンあほすぎて笑った
・カウンセリング中にクローゼットに忍び込んでセーブルにタッチ
・30年間鬼になったことがないジェリーにタッチするためだけに命をかける
・ホーギーの自宅にて作戦会議、酒投げられてブチ切れて投げ返すアンナはちゃめちゃすぎん
・情報通のルーにジェリーの居所をどうにか聞く
・ディナーを予約したお店にて、ジェリーvs4人+アンナ
・ジェリーの無敵感半端なさすぎジェレミー・レナーかっこいい
・2階の窓ぶちやぶって逃げて、結婚式のための休戦協定
・ホークアイのときですら無傷だったのにこの映画で両腕おるってどんだけハードな鬼ごっこだよ
・結婚式ではあんまり狙えんから、ジェリーの家に侵入
・ホーギーの家にいると見せかけて自宅の地下にいるジェリー何枚も上手
・みんなでテキーラ飲んでるときの哀愁
・鬼ごっこ公式参加者になりたいルー可愛い
・老婆に扮してジェリーを狙うもやり返される
・上に乗っかってるジェリー
・結婚式、チリとキャラハンの初恋の相手シェリル
・キャラハンだけ配置についてなくて、ゴルフカートに乗ってゴルフボールをぶちまけながら高らかに笑って逃げるジェリーよ
・丸太にふっとばされるチリ、網にかかるホーギー、ジェリーの偽物に驚かされてクロロホルムで眠らされるセーブル
・キャラハンとチリのシェリル争奪戦も続く
・ジェリーが通ってるジムで、拷問しようとしてやめるとことかみんな可愛いところある

・AA(禁酒会)でジェリーを狙う
・今度は扉も施錠してるし外にも罠いっぱいで、ジェリーも立てこもるだけ
・花嫁が来て流産、の芝居
・もう嘘か本当か分からんけどとりあえず芝居だっていうチリ笑う
・結局嘘で、挙式に参加するホーギーたち
・花嫁の笑顔狂気的すぎて怖い
・誓いのキスのときに飛び込んでタッチに成功、って妄想かい
・普通に失敗、病院に運ばれる
・腫瘍って嘘かと思ったけど、本当っぽい
・やっぱりとりあえずは芝居だって言うチリ笑う
・ジェリーが来て、タッチさせるところ好きやな〜〜
・最後の鬼は譲るって言いながら病院みんなで駆け回るシーンは最高だった
・結局女も参加、に改訂するんだったらルー参加させてやれよとも思ったけど
・実際の映像があるのすごい
・楽しそうなおじさんたちだった

・いやエンドロール
・ジェリーがいい感じで歌ってるところもなかなかジワったけど、ハモろうとするみんなの顔が浮かび上がるのバカ笑った
・セーブル「バンバンバン」
・最後、ジェリーがタッチされてクソ!って終わるところも良かった面白かったバカすぎて
鬼ごっこは捕まえるのが目的では無く会うための口実ってのがアツい。幾つになってもバカやれる仲間を大切にしたい
こんな友情憧れるやん。
自分もこんなふうにできるとは思わんけど、ずっとこんな感じでふざけあえる友達おったらええなぁ。
遊ばなくなったら老いるんやからまだまだいっぱい遊ばなな!
ジェレミーめちゃかっこよかった。
2013年、ウォールストリートジャーナルに特集記事として掲載された、約30年間5月を鬼ごっこに費やす人たちの話に基づいた作品。
まじめにバカをやることのかっこよさ。
エンドロール前に流れたおそらくご本人たちの鬼ごっこの様子、みんなが無邪気に笑っていてあまりの尊さに泣きそうになった…

作品自体も笑えるポイントあり、ジェリーが登場すると始まるアクション映画ばりの演出でおもしろい!
大人になっても全力で遊べる友人がいるって素敵。
ジェレミーレナーのホークアイ並みのカッコいいアクションがあり、笑いありでナイス
幼少期のエピソードが少ないから深みが足りないとの意見もあるけど、映画のテーマは生きることの大切さ、死の重さ的なことじゃないし、俺はこれくらいの軽めでよかったと思う。
男5人が30年間鬼ごっこを続けてる話。
一度も鬼になってない奴が結婚するんでそれまでに何とか鬼に…

嫁さんムカつくなぁーと思ってたけどまぁ部外者からしたら異常な集団だもんなw
鬼ごっこはとんでもない鬼ごっこだしコイツら命賭けてんな〜って怖くなってる

ただ最後は笑い泣きしたわ🤣
ジェレミーレナーだけ異次元に強いのが笑える。

最後は結構いい話。友情の深さが垣間見えた。
>|