ハッピーアイスクリーム

ALONE アローンのハッピーアイスクリームのレビュー・感想・評価

ALONE アローン(2016年製作の映画)
4.0
テロリストの暗殺任務に失敗した兵士が、撤退中に砂漠の地雷原で地雷を踏んでしまい、動くことのできなくなった極限状態に陥る姿を描いたアクションスリラー。

恐怖から一歩踏み出す勇気。

アーミー・ハマーを主演に迎え、一歩でも動けば死ぬかもしれないという極限のワンシチュエーションで描かれた作品。

世間の評価は今ひとつのようですが、個人的には製作者の“一歩踏み出す”という信念のこもったメッセージが伝わる熱い物語でした。

現実と幻影が入り乱れ、少しわかりづらかったり繋がらない部分や、荒削りな感じはあったけど、孤立無援の中で、まるで禅問答のように主人公が自分の過去やトラウマと向き合う姿に魅入った。
そこでも一歩を踏み出せなかったことへの後悔や自責の念と葛藤するのですが、一貫して描かれる“前に進む”というストレートなテーマが良かったです。

“恐れを払うには 自由な人になるしかない”

“生き延びろ マイケル”

人生は立ち止まってはいられない。
どんなことがあっても前に進まなければ、ずっと恐れたまま。

かなり哲学的な異色の戦争映画でした。