singer

四月の永い夢のsingerのレビュー・感想・評価

四月の永い夢(2017年製作の映画)
3.6
いい映画だったと思う。
でも、それ以上に、なんか、素敵な女性を観たなぁという印象が強いですね。

主演の朝倉あきがとても良かったです。
その佇まい、仕草、言葉使い、憂いの表情、
少し切なげな笑顔、まだ夢の中に居るような寝顔。
そんな、主人公が見せてくれる魅力のひとつひとつを、
彼女が目一杯引き出してたと思うし、
彼女が歩く、小さな街や、
田舎町の風景や、祭りの後の夜の歩道、
そして、花びらの舞う桜並木。
そこに彼女が居ることで、
それは、とても絵になってたと思うし、
その心の奥底のストーリーを、
ゆっくりとゆっくりと、溶かしながら観ることが出来たと思います。

それは、面白い映画というものとは、少し違うのかも知れないけれど、
しっかりと心に染みて、しっかりと届いて、
観た後に爽やかな気分になったり、
たまには、夜風に当たってみたくなったり、
たまには、歩いて街並みから溢れる風情を楽しみたくなったり。

そんな気分にさせてくれる、日本の素晴らしい映画だったと思います。