四月の永い夢の作品情報・感想・評価

四月の永い夢2017年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:93分

3.8

あらすじ

滝本初海、27歳。中学の音楽教師を辞めて3年、近所の蕎麦屋でアルバイトをしている。変わらない日常のなかにふと訪れた一葉の手紙。それは3年前の春に亡くなった恋人が初海に向けて書き遺したものだった。隣の工場で働く青年からの求愛、かつての教え子との再会、そして初海自身が隠していた想い。一葉の手紙をきっかけに、変わることのなかった真夏の日常が少しずつ動き始める。これは、滝本初海の止まっていた季節が、再び…

滝本初海、27歳。中学の音楽教師を辞めて3年、近所の蕎麦屋でアルバイトをしている。変わらない日常のなかにふと訪れた一葉の手紙。それは3年前の春に亡くなった恋人が初海に向けて書き遺したものだった。隣の工場で働く青年からの求愛、かつての教え子との再会、そして初海自身が隠していた想い。一葉の手紙をきっかけに、変わることのなかった真夏の日常が少しずつ動き始める。これは、滝本初海の止まっていた季節が、再び動き出すまでの物語。

「四月の永い夢」に投稿された感想・評価

「忘れて下さい。なんて書いておいて本当はずっと覚えておいて欲しい、という気持ちが透けて見える感じ。あなたのそういうところがずっと嫌いでした。」

今作を超える作品は今年は出ないのではないか。
もう素晴らしすぎて何て書けばいいのか…。
こんな素敵な作品観たら朝まで語り合いたくなって寝不足になるよ。。笑

とにかく素敵なシーンが多すぎた。
屋上で花火が打ち上がる場所を探すシーンも、
帰り際に「少し離れて見る花火もいいもんですね」って言うシーンも、たくさんの手ぬぐいの下で寝っ転がるシーンも、少し嬉しい事があった帰りに音楽聴いて歩くシーンも、全部全部いい!

でも一番素敵で涙腺崩壊したのは、亡くなった彼の実家でお母さんと話す場面。
あのボソっと告白する場面はダメだ…泣ける。
朝倉あきが発する一粒一粒の言葉に時間が止められたような気がする。

主演の彼女が歩くシーンがたくさん登場する。
その全てが違う感情での歩きだと思う。
悲しみ・嬉しさ・憂い・戸惑い…。
そしてその全てを包み込み新たな一歩を歩むようなラストなんて…あの表情は一生忘れないでしょう。

劇中で流れる赤い靴が歌う「書を持ち僕は旅に出る」が素敵ですぐにCDを買いに行ってしまいました。
(大橋トリオやコトリンゴも参加する素敵なアルバムでした。)

中川龍太郎監督の作品は今まであまり合わなかったが、今作は自分の中でもかなりのお気に入り作品です。
青山シアターのオンライン試写会での鑑賞でしたが、もう一度観に行きたい大切な作品になりました!
画も台詞も説明的すぎる。GAGAが絡んでる映画は(たぶん)全部ダメ
映画館を出て2秒「書を持ち僕は旅に出る」を早速ダウンロード
イヤホン挿して夜道を歩いて帰りました


風景描写と音楽の透明感は京アニ映画のような心地良さで
めぞん一刻の出し方も◎

主演朝倉あきさんの声はいつまでも聞いていたい
ラジオのレギュラー放送とかやってほぴい
G

Gの感想・評価

3.5
詩情豊かな作品
CUU

CUUの感想・評価

5.0
最高の作品でした。

とても静かな映画だけども、初海の心の動きがとても繊細に伝わってきて最後はぐっと来た。
何回でも見たい。

おまけ
書を持ち僕は旅に出る、ダウンロードしちゃいました。
優しい映画
ずっと穏やかな時間が流れる映画だった。あきさんが映画全体を柔らかい雰囲気にしていたと思う。私たちと同じ日常なはずなのに、どこか違う世界のような柔らかさが好きだった。「書を待ち僕は旅に出る」が流れるタイミングが大好きで、今も朝と夜に聴きたくなる一曲である。
2018.6.17、シネヌーヴォにて。
久しぶりに邦画でアタリ。
優しい薄味味噌汁のような感覚の映画(は?)
Himechin

Himechinの感想・評価

4.4
朝倉あきさんが素晴らしい
ラブレターの書き方がわかります。
>|