四月の永い夢の作品情報・感想・評価

四月の永い夢2017年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:93分

あらすじ

滝本初海、27歳。中学の音楽教師を辞めて3年、近所の蕎麦屋でアルバイトをしている。変わらない日常のなかにふと訪れた一葉の手紙。それは3年前の春に亡くなった恋人が初海に向けて書き遺したものだった。隣の工場で働く青年からの求愛、かつての教え子との再会、そして初海自身が隠していた想い。一葉の手紙をきっかけに、変わることのなかった真夏の日常が少しずつ動き始める。これは、滝本初海の止まっていた季節が、再び…

滝本初海、27歳。中学の音楽教師を辞めて3年、近所の蕎麦屋でアルバイトをしている。変わらない日常のなかにふと訪れた一葉の手紙。それは3年前の春に亡くなった恋人が初海に向けて書き遺したものだった。隣の工場で働く青年からの求愛、かつての教え子との再会、そして初海自身が隠していた想い。一葉の手紙をきっかけに、変わることのなかった真夏の日常が少しずつ動き始める。これは、滝本初海の止まっていた季節が、再び動き出すまでの物語。

「四月の永い夢」に投稿された感想・評価

「忘れて下さい。なんて書いておいて本当はずっと覚えておいて欲しい、という気持ちが透けて見える感じ。あなたのそういうところがずっと嫌いでした。」

今作を超える作品は今年は出ないのではないか。
もう素晴らしすぎて何て書けばいいのか…。
こんな素敵な作品観たら朝まで語り合いたくなって寝不足になるよ。。笑

とにかく素敵なシーンが多すぎた。
屋上で花火が打ち上がる場所を探すシーンも、
帰り際に「少し離れて見る花火もいいもんですね」って言うシーンも、たくさんの手ぬぐいの下で寝っ転がるシーンも、少し嬉しい事があった帰りに音楽聴いて歩くシーンも、全部全部いい!

でも一番素敵で涙腺崩壊したのは、亡くなった彼の実家でお母さんと話す場面。
あのボソっと告白する場面はダメだ…泣ける。
朝倉あきが発する一粒一粒の言葉に時間が止められたような気がする。

主演の彼女が歩くシーンがたくさん登場する。
その全てが違う感情での歩きだと思う。
悲しみ・嬉しさ・憂い・戸惑い…。
そしてその全てを包み込み新たな一歩を歩むようなラストなんて…あの表情は一生忘れないでしょう。

劇中で流れる赤い靴が歌う「書を持ち僕は旅に出る」が素敵ですぐにCDを買いに行ってしまいました。
(大橋トリオやコトリンゴも参加する素敵なアルバムでした。)

中川龍太郎監督の作品は今まであまり合わなかったが、今作は自分の中でもかなりのお気に入り作品です。
青山シアターのオンライン試写会での鑑賞でしたが、もう一度観に行きたい大切な作品になりました!
情景描写が美しく、物語の進む速度も心地良かった。

背景と登場人物たちの表情がマッチしており良い映画でした。
crazylove

crazyloveの感想・評価

5.0
静かで芯がある話し
Solaris8

Solaris8の感想・評価

4.2
映画の撮影が在ったと云う富山県朝日町は実家から近く、青山シアターのオンライン試写会で映画を観た。

春霞の中、桜並木が続く菜の花の中で黒い礼服を着た若い女性が佇んで、後ろに振り返って歩みを止めている。人は何時も背伸びして生きてはいけず、温かくなった春の木漏れ日の中に微睡みを憶えるように生きる時間も必要なのかもしれない。 夏のまだ、薄暗い夜明け前に主人公が里山の川沿いを歩くシーンがある。人生で多少の迷いがあったとしても誠実に歩こうとする人の姿は美しい。

原題は「summer blooms」で古い洋画や多摩川の花火に浴衣が似合う国立の街と緑が濃い田舎の無人の駅舎や田圃に西瓜が似合う笹川の里山の表情を主人公に重ね、日本の夏の風情を意識して世界に発信している。

オンライン試写会で映画を観た翌日に朝日町の笹川の里山を訪ねた。 富山ではソメイヨシノの桜は散ってしまっていて、近年、有名になった舟川ベリの桜も葉桜になった。 海に近いが山に囲まれている笹川沿いの八重桜の桜並木が遅咲きとは云え、まだ満開で「四月の永い夢」の中に居たのが小さな驚きだった。
mehr

mehrの感想・評価

4.0
監督の前作「走れ、絶望に追いつかれない速さで」よりも美しく爽やかで、朝倉あき、三浦貴大、川崎ゆり子、青柳文子の面々が、彼の描く世界に驚くほどマッチしておりました。

死という重い題材を扱っているにも関わらず、優しくオーガニック感があって、蕎麦屋とか、手ぬぐいとか、ラブレターとか、ラジオとか。

秘密にしていた話をついついしちゃう銭湯。
お泊まりの夜。

語彙力なくてうまく伝えられませんが、温かさに溢れた作品でした。

「海街diary」ぐらい綺麗だけど、こっちのがずっとリアルで親しみやすい。

この人はどうなったのよ?ってもっと描いて欲しかった部分もありつつ、締め方がどストライクでした。

うん、もうほんと、
歴史に残るどストライク。

好青年☆三浦貴大め!(最高だ!)
加賀田

加賀田の感想・評価

3.5
手ぬぐいの柄ってこうやって染めるんだ!教えてくれてありがとうございます
Ayu

Ayuの感想・評価

2.5
オンライン試写会にて。監督の前作『走れ、絶望に追いつかれない速さで』がとても良かったのですが今作もじんわりと良い。

恋人を亡くした主人公の彼女の季節が3年かけて春から夏に、ゆっくりと動き始める97分。音楽の使い方や、ラジオや手ぬぐいなど少しレトロな小道具など、少し懐かしい気持ちでありながら主人公に寄り添っていられるような素敵な映画。

大きな一歩を踏み出す小さな勇気をもらえる作品。
ひで

ひでの感想・評価

3.0
姿の見えない彼に対する、くすぶり続ける恋心を描いた作品。

彼女の歩みに合わせて全てがスローテンポで進んでいて、新しい一歩を踏み出す難しさやそれが出来ないもどかしさが、まるで側にいるかのように伝わって来た。

ラストシーンが最高に良かった。
natsu

natsuの感想・評価

3.3
ゆったりとした映画
それが好きな人には好き

ワンシーンが長く、私はゆったりと観れた。
人と関わり、許されていく映画だね
オンライン試写会にて鑑賞させて頂きました。
いわゆる、喪失と再生の物語です。
粗筋は↓こちら↓にて確認して下さい

http://tokyonewcinema.com/works/summer-blooms/

決して台詞が少ない訳ではないのですが、文学的な要素が高い情景描写の作品という印象を受けました。
ドラマティックな展開も殆どありません。
映像の行間を読む、とでも簡易的に述べておきましょうか。
明確な答えを提示してしまうのではなく、視聴者の想像力に託している部分が多い為、監督がフィルムに隠した物を発見すると各ピースが埋まり、より深い作品理解に繋がり感情が揺り動かされるかと。

平日の午後、あるいはレイトショーなどで観るタイプの作品って感じでしょうか。

派手さは無いですが、あとからジワジワと効いてくるものがあります。

是非とも新緑萌える初夏に観て貰いたい作品。
>|