四月の永い夢の作品情報・感想・評価

四月の永い夢2017年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:93分

3.8

あらすじ

滝本初海、27歳。中学の音楽教師を辞めて3年、近所の蕎麦屋でアルバイトをしている。変わらない日常のなかにふと訪れた一葉の手紙。それは3年前の春に亡くなった恋人が初海に向けて書き遺したものだった。隣の工場で働く青年からの求愛、かつての教え子との再会、そして初海自身が隠していた想い。一葉の手紙をきっかけに、変わることのなかった真夏の日常が少しずつ動き始める。これは、滝本初海の止まっていた季節が、再び…

滝本初海、27歳。中学の音楽教師を辞めて3年、近所の蕎麦屋でアルバイトをしている。変わらない日常のなかにふと訪れた一葉の手紙。それは3年前の春に亡くなった恋人が初海に向けて書き遺したものだった。隣の工場で働く青年からの求愛、かつての教え子との再会、そして初海自身が隠していた想い。一葉の手紙をきっかけに、変わることのなかった真夏の日常が少しずつ動き始める。これは、滝本初海の止まっていた季節が、再び動き出すまでの物語。

「四月の永い夢」に投稿された感想・評価

「忘れて下さい。なんて書いておいて本当はずっと覚えておいて欲しい、という気持ちが透けて見える感じ。あなたのそういうところがずっと嫌いでした。」

今作を超える作品は今年は出ないのではないか。
もう素晴らしすぎて何て書けばいいのか…。
こんな素敵な作品観たら朝まで語り合いたくなって寝不足になるよ。。笑

とにかく素敵なシーンが多すぎた。
屋上で花火が打ち上がる場所を探すシーンも、
帰り際に「少し離れて見る花火もいいもんですね」って言うシーンも、たくさんの手ぬぐいの下で寝っ転がるシーンも、少し嬉しい事があった帰りに音楽聴いて歩くシーンも、全部全部いい!

でも一番素敵で涙腺崩壊したのは、亡くなった彼の実家でお母さんと話す場面。
あのボソっと告白する場面はダメだ…泣ける。
朝倉あきが発する一粒一粒の言葉に時間が止められたような気がする。

主演の彼女が歩くシーンがたくさん登場する。
その全てが違う感情での歩きだと思う。
悲しみ・嬉しさ・憂い・戸惑い…。
そしてその全てを包み込み新たな一歩を歩むようなラストなんて…あの表情は一生忘れないでしょう。

劇中で流れる赤い靴が歌う「書を持ち僕は旅に出る」が素敵ですぐにCDを買いに行ってしまいました。
(大橋トリオやコトリンゴも参加する素敵なアルバムでした。)

中川龍太郎監督の作品は今まであまり合わなかったが、今作は自分の中でもかなりのお気に入り作品です。
青山シアターのオンライン試写会での鑑賞でしたが、もう一度観に行きたい大切な作品になりました!
肝心な所を謎のままにするのが好きな監督さんですよね。 事前情報が主演の二人だけだったのでエンドロールで『走れ、絶望に追いつかれない速さで』の監督さんと知って納得。 でも、この監督の想像させる作り方好きです。ラストもじんわりと染みて静かな感動をもらい、良い気分で映画館を出れました。
takuto

takutoの感想・評価

4.6
雑然としているんだけれど、すごく美しい。なんとなく、涼しさを感じた。
日本語を全く知らない外国人になって観てみたいと思うくらい、声そのもの、日本語の発音が美しかった。
自分がまるでその場にいるように、風や匂いや温度が感じられる作品だった。
朝倉あきさんの声だからこの世界観が出来たのだと思う。世界観がどストライク。
映画見るまで彼女のことは全く知らなかったけれど、この主人公は絶対朝倉あきさんがやらなきゃダメだったと思う。
見終わった時に監督と脚本を務めたのは、男性だろうなと思ったらやっぱり男性だった。

透明感があってミステリアスな朝倉あき演じる初海。男が好きな女性像って感じ。

瑞々しいというよりは、辛気くさい。でも、ずっと感じていた違和感が解消されるクライマックスはなかなか良かった。
久方ぶり逢った後輩は
スクリーンの向こう側でした

終わり方 すき
赤鬼

赤鬼の感想・評価

3.7
ところどころ登場人物に違和感のある作品だったけれど、最初のシーンが美しくて、何だかそれだけで単純にいいなと思える映画でした。監督は"声"を基準に選んだとインタビューで言っていた通り、ナレーションでの言葉のチョイスが綺麗で聞いてて心地よい印象を受けました。派手さはないけど、日本らしい感じ。
シュン

シュンの感想・評価

3.7
ギリギリ駆け込みで観てきました(汗)
とても、奇麗な映画でした。

あらすじにもあるように、3年前の1人の人の死によって、季節が止まってしまった初海さんがどうなっていくのかを静かな映像で描いていきます。

他の方も言及していて今更という気がしますが、朝倉あきさんの存在が大きな見所です。季節の止まった、でも決して自殺願望のような破滅的な雰囲気ではない、強いて言うなら「ただ生きているだけになってしまった」人物を見事に体現しているように感じました。よく素敵に笑うんです。でも、ちょっとしたはずみで人を避けたり、我に返って殻に閉じこもったり。その塩梅が絶妙でした。

映像も奇麗なシーンが多く、個人的には中盤の手ぬぐいを干す部屋で寝そべるところは、夏の中で感じる涼しさが画面から伝わってきました。そこだけ現実から浮きあがったような幻想的なシーンでもあり、志熊さんとの前後のやりとりや、ウキウキする帰り道とのブリッジとなっていて、とてもよかったです。俗っぽく言うと、エモいのです(台無し)。

ストーリーとしては、身近な人が亡くなると、時としてその人が心に居座り続けることは、普遍的に誰の身にも起こりえること。居座ってしまう原因としては、後悔だったり恨みだったり様々でしょうが、初海さんの場合はあらすじにもある「隠していた思い」。具体的にはネタバレになるので伏せますが、自分はそれを知って「確かにそんな気持ちになるかもなぁ」と腑に落ちました。そうすると初海さんの様々な行動にも溜飲が下がります。良いストーリーテリングですね。

ただ、一部登場人物たちのやりとりは、結構あっさりしていて観ながら期待していた分は、少し残念というか勿体ないというか・・。批判すべきポイントではないかもしれないですけどね(汗)

でも、楽しみました!
監督と朝倉あきさんの次回作、期待してます!
SHOW

SHOWの感想・評価

3.9
20180811
ohchiyo

ohchiyoの感想・評価

4.1
中川龍太郎監督らしい。
音の使い方とか。
女性の雰囲気とか。


喪の作業が行われていた。
しずかにゆっくりと。
U4Rn

U4Rnの感想・評価

3.8
主人公のふわふわと浮いた感じ。ちょっとイラっとくるけど、時折昔のこと思い出して我に返ったような顔になるのがツボだった。「人生は何かを得ていくものだと思ってたけど、失っていくものなのかも。それを乗り越えて本当の自分がわかるんじゃない?」的な元彼ママの言葉が残る。主人公の好きな歌、書を持ち僕は旅にでるも相まって、薄暗い部屋で手紙が燃えてる描写に寺山修司を感じてしまった。本家は書持ってないけどね。
>|