ハンターキラー 潜航せよの作品情報・感想・評価 - 8ページ目

上映館(1館)

「ハンターキラー 潜航せよ」に投稿された感想・評価

ミリタリー的にはツッコミどころありすぎて困るぐらいだけど、なんやかんなで面白かった!
ken

kenの感想・評価

4.2
ロシア国防相のクーデターにより米国の原潜が撃沈される。ロシア連邦の大統領は北海の海軍基地を訪れていたが、国防相の反乱軍により拘束される。米大統は海軍の精鋭部隊を現地に派遣すべく、潜水艦アーカンソーの艦長としてジョー・グラス(ジェラルド・バトラー)を指揮官に任命する…。

正にジェラルド・バトラーの為にあるような役柄であった。統合参謀本部議長の声は良く聞いたことがあると思ったら、何とゲイリー・オールドマンだった。彼の役者魂が詰まった演技を楽しめると思い早々に嬉しくなった。

ロシア艦隊の原潜指揮官は人道的、且つ救出してもらった恩とグラス艦長の人間性に強く感銘し、ラストシーンの言動に繋がったことは明らかである。また、ロシア軍人も深く信頼でき尊敬する指揮官の元では、同じ人間としてあるべき姿の行動をとることに感動させられた。ロシアを悪者にしたストーリーだが、最後は正しい判断をしており、改めて世界平和の大切さとそれを主要大国が維持する為に必要な軍隊を保有し、パワーバランスをとっているとも感じた作品であった。
毅

毅の感想・評価

4.0
記録
I know you speak English

ジェラルド・バトラーでアクションで、であれば当然千切っては投げ千切っては投げかなと思っていたら意外にもそんなこともなく。潜水艦映画でありつつ、特殊部隊潜入モノでもあるという欲張りなジャンル映画。

やはり前半の潜水艦急速潜航場面が白眉。ブリッジで全員がスムース・クリミナル状態のままガーッと潜っていく(ジェラルド・バトラーが腕組んでいるのがまたいい)場面はめちゃくちゃアガるし、かなり作られていてバリエーションも尽きていそうな潜水艦映画でもフレッシュな表現が出来るしちゃんとカッコいいことを示してみせた意義は大きい。

惜しむらくは、中盤から特殊部隊モノとして物語が展開されるため、潜水艦映画としてはやや消化不良になってしまっている点。特殊部隊の面々も最高だったし、地上の攻防も見応えあったから、別々の映画として作ればよかったのに、なんて無責任に思ってしまう。
アメリカン軍事ドンパチ映画を見たいならコレ。

スパナが!!スパナが!!!

潜水艦のクルー達がおっちょこちょいで好きです。

地上部隊は「聞きたかったキザな映画のセリフベスト10」総出演。かっこいい。

音による効果が素晴らしいので是非劇場で見て欲しい作品
ぽん

ぽんの感想・評価

4.0
映画館で鑑賞
たいして期待しないで見ましたが、これは当たり映画!!
設定はそんなことある!?って感じですが、潜水艦内の緊迫した雰囲気や、ハラハラする地上戦は本当に良かった!
潜水艦がカッコいい!
そして何より艦長のジェラルドバトラー、この人がめちゃくちゃカッコいい!
ジェラルドバトラーを見るだけでも価値あると思ってしまった笑
エンディングもそんなことある!?笑
って感じですが、これはこれで私は好きな終わり方でした!すっきりする!
潜水艦内の物音ひとつ立てない静けさは、映画館で見るからこそ何とも言えない緊迫感でした!
素晴らしい!!!
Timewalk

Timewalkの感想・評価

3.0
2019.4.14 ムービル
atsu

atsuの感想・評価

4.0
骨太。
アメリカVSロシア
かなりグレーな。。。これは大丈夫なんだろうか…って思いながら見てた。
かなりご都合主義展開+え?みたいな事が起き過ぎてて、それを受け入れてもうーんどうだろうって感じ。
海よりも陸の方のアツくない?????????
陸部隊の潜入はすごくドキドキした。痛かった。
でもロシア兵ちょっと詰め甘くないか?

ロシアの艦長が無線で名前を呼ぶシーンはなんかこっちが恥ずかしくなっていたたまれなくなった。
最後のあの決断もぽかーんってしてしまった。
結果的に良かったけどあまりに軽率ではなかろうか…