ハンターキラー 潜航せよの作品情報・感想・評価

上映館(15館)

「ハンターキラー 潜航せよ」に投稿された感想・評価

watarihiro

watarihiroの感想・評価

4.1
劇場鑑賞31本目

ロシア領のバレンツ海を密かに潜航していた米海軍潜水艦タンパベイが失踪。その調査に向かう新指揮官グラスの潜水艦、アーカンソー。タンパベイが魚雷を受けたと分かりその魚雷を発射した潜水艦に攻撃。だが疑わしい状況が発生。一方、ロシア政府を様子見しにいったシールズも衝撃的な状況を目撃する、、、。

音のインパクトが残る作品でした。音といえば今年公開されたギルティは印象的でしたが、本作も同様。潜水艦内に響くレーダー音、魚雷の音が良い恐怖感。ムッチャクチャハラハラしました。

潜水艦や艦隊も迫力のある姿も見れて胸アツです。ジェラルド・バトラーの指揮官っぷりも胸アツ、シールズの活躍もアツイ。最後の最後まで本当にアツい。映画館で見て本当に良かったです。
大好きな戦争映画。しかも、潜水艦でハラハラさせられた後にネイビーシールズまで出てきて水陸どっちも楽しめる展開。
もう少し評価が高くても良いんじゃないかなーと個人的には思いました。
2019年5月26日、シネマカリテにて鑑賞。

現代の潜水艦もの。シネマカリテで上映だから潜水艦ものといっても艦長の息子が不登校で家庭内がぎくしゃくしてて妻から「魚雷は探索できるのにどうして自分の家族のことは〜」という展開を予想してたのですが(嘘)、そういう余計な背景が一切なくソリッドでとんでもないミッションをこなすストーリー、緊迫しっぱなしでだれることなく映像もしょぼくなく最高かよ、ハンター・キラー。
観忘れていたので塚口サンサン劇場で。
素晴らしく調整された音響、
重低音ウーハーで心置きなく本作を
楽しむことができました。大好き塚口。


恥ずかしながらきちんとあらすじを調べず、
バトルシップのノリで行ったら
マジもんの激シブで痺れました。
これは流石にピンチなんじゃあ…
というシーンも華麗に回避。
水中だけではなく、色々なシーンで
アツい闘いを観ました。信頼関係。


詳しくない自分でもおおお、、と思ったので
お好きな方にはきっとたまらない作品なのでしょう。
沈没船と魚雷を見るとニモを思い出すよね
t

tの感想・評価

3.9
男の中の男ッ…!!最高です…!!
akira

akiraの感想・評価

5.0
この映画が世界では興行収入振るわなかったってのが信じられない。(日本が1番収入高い)どうにか続編作って欲しいがどうかな。。
胸熱展開のオンパレードで最高すぎた!
みんなかっこいい
ジェラルドバトラー主演にはずれなし
W

Wの感想・評価

3.5
潜水艦という制限された空間で起きる戦闘シーンは緊張感があり、楽しめました。 ストーリーはよくあるものなので、それなりだと思います。
大統領が強すぎませんか?
>|