ハンターキラー 潜航せよの作品情報・感想・評価・動画配信

「ハンターキラー 潜航せよ」に投稿された感想・評価

I know you speak English

ジェラルド・バトラーでアクションで、であれば当然千切っては投げ千切っては投げかなと思っていたら意外にもそんなこともなく。潜水艦映画でありつつ、特殊部隊潜入モノでもあるという欲張りなジャンル映画。

やはり前半の潜水艦急速潜航場面が白眉。ブリッジで全員がスムース・クリミナル状態のままガーッと潜っていく(ジェラルド・バトラーが腕組んでいるのがまたいい)場面はめちゃくちゃアガるし、かなり作られていてバリエーションも尽きていそうな潜水艦映画でもフレッシュな表現が出来るしちゃんとカッコいいことを示してみせた意義は大きい。

惜しむらくは、中盤から特殊部隊モノとして物語が展開されるため、潜水艦映画としてはやや消化不良になってしまっている点。特殊部隊の面々も最高だったし、地上の攻防も見応えあったから、別々の映画として作ればよかったのに、なんて無責任に思ってしまう。
水の中、新しい緊張感。
見ているこちらも息を飲む
それぞれの持ち場でそれぞれの職務を遂行する、形は違えど、目標は一つ。
abekonbe

abekonbeの感想・評価

3.3
話が短絡的すぎやしないか。ロ国防大臣は何がしたかったか全く不明で話が入ってこない、見てくれも酷いし(大臣のオーラ皆無)、あんな防御力0なとこで指揮すなよ。
ラストも艦長としてあんな判断でいいのか?感が堪らない。
ジェラルド・バトラー作品だからこんな予想はしていたし、当人から「あまり考えずに見てくれ、考えるお前がバカだ」と言われそうだけれども。
劇場で観たかった
カント

カントの感想・評価

4.1
潜水艦で作戦遂行😄
ロシアのクーデターを沈静化せよ💡

以下、読む価値なし。





セックス・ピストルズの名曲「サブミッション」は潜水艦がテーマの曲で、ピピピピ~♪と、潜水艦内のモールス音をモチーフにした音が流れます。
https://youtu.be/7UZ0bPaOdbQ

今は通信機器も発達しまくって5Gの時代だし、暗号化も量子コンピューターを使用する時代。
潜水艦の静音設計も徹底されて、ほぼ無音で進行可能。

先日、映画館で静音設計電動バイブを使用して彼女の股間を刺激してあげました。

軍で開発された技術を民間用に流用する事を「スピン・オフ」と言いますね😄
スピン・オフ映画を見ながら、スピン・オフ技術の電動バイブで映画を鑑賞するのもオツなモノです😄

▼グラス艦長が、副官に聞くセリフ……「どっちが大切だ?正論か生存か」は、吹き替えならではの韻を踏む見事なセリフ。
字幕では「規則か、生きる事か?」と愚鈍な訳になっていて、改めて吹き替え版の素晴らしさを実感💡
字幕はダメだね😰
pyn

pynの感想・評価

-
記録。
Ray

Rayの感想・評価

3.8
記録
Mina

Minaの感想・評価

4.0
潜水艦のハラハラ感だけでなく、地上で行われる特殊部隊の胸熱展開、感動させる軍人たちのやり取りなどなど、たくさん見所のある豪華な映画だった。ジェラルド・バトラーが好きな人もそうでない人も満足なはず。かなり不粋だけど欲を言えば地上部隊のジェラルド・バトラーも観てみたかったので、一人二役どうでしょうか。
アト6で宇多丸さん他、いろんな人がオススメしてて気になってたこちら鑑賞。噂通りの名作。ジェラルド・バトラーはリーダー役やらせたらピカイチですね。レッドオクトーバーを追えと、ローンサバイバーを足して割ったようなムネアツなシーンが盛り沢山。秀逸でした〜。
好きな要素が盛り沢山

色々譲って要所要所
おとなしめのG.バトラー

最後は人間
>|