さようなら、コダクロームの作品情報・感想・評価

「さようなら、コダクローム」に投稿された感想・評価

いやー自分親父の最期を思い出して泣きそうになってしまった( ノД`)

ケンカしながらでも旅をして少しずつ理解を深めてくのがなまら良かった!!

俺達は皆時間ってものを怖がる
時間が全てを消していく
だからこそ我々の役割がある
写真で時間を止め瞬間を永遠にする
人の本質を表現する

エド・ハリスが渋くて本当にかっこよかった( ¨̮ )
AxTxK

AxTxKの感想・評価

3.5
余命僅かな、フィルムカメラ世代では有名なカメラマンの父、ベンと疎遠な関係の音楽プロデューサーの息子のマットがベンの看護士と3人でベンが持っているコダクロームフィルムを現像してもらうため、ニューヨークからカンザス州まで車で旅に出ることに。

自分を見つめ直す、アメリカン・ロードムービー。

忘れていたものの価値を再確認させるような、ノスタルジックな映画でした。

物語の中でのベンの言葉の数々が哀愁を感じさせとても心に残りました。
また、ラストに近づくにつれ、感動でいっぱいになります。

ちなみにコダクロームは2009年に製造が終了。
思ってた以上にグっと来てしまった。
エンドロールの写真がめっちゃいい...
写真と音楽と。
好みのテーマ。
あとは、親と子。フィルムとデジタル。アーティスト。
エド・ハリスの演技も素晴らしい。

綺麗な映像。
Shot on 35mm Kodak Film
りーん

りーんの感想・評価

3.6
写真を撮りたくなる。
先が読めるけどじんわりするロードムービーだった。
ゆったりとしたサントラも田舎の旅路にぴったり。
からかったのは少しやりすぎな気も…
現像されて残る写真が、どれだけ大切なものになるかを感じた。
おじいちゃんエド・ハリスさん渋い。ハット似合いすぎ。
エリザベス・オルセンさんいつでも可愛い。
Anna

Annaの感想・評価

3.7
先が読める話だけど、それでもすごくいい
エンドロールもいい
アベンジャーズのエリザベス・オルセンだ!と思ってみてたけどオルセン姉妹の妹なのね!かわいい
今年、88作品目✨

記録
よくある話だけど流れるような時間がいい
写真は時間を止めて、瞬間を永遠とする
余命あとわずかのクソ親父と旅をする話

こういう話は結構好きなので、ある程度は楽しんで観れた

主人公の親父の性格がとにかくクソ
ブラックな話題が多くて、ちょいちょい笑ったけども 笑

旅の過程は面白かった
エリザベスオルセンと旅するんすよ?
飽きるわけがない!!
いや、しっかしエリザベスオルセン...けしからんですな〜...
物語に集中できないじゃないか!!!
もうね、あれ完全に狙ってますわ...あれがあーなってて...
って、いかんいかん、これだったらエリザベスオルセンの話するだけで終わってしまう


そして重要なのは感動出来たかどうかって点なんだけれども、私は感動できなかった
私はどれだけ「本当はいい奴」だったとしても、周りにクソみたいなことしてる奴はクソだと思う
それが不器用だのなんだので片付けられるものでは無いと思っている
キャラが受け入れらないから勿論感動も出来ない

あとオチが物凄く予想しやすいのもあって、感動できなかったかな
こんな映画だったら、大体最後は◯◯みたいなことになるよね〜 と簡単な予想をたてたら、それがそのまま当たってしまった感じ
悪く言うと捻りがない

まあでも割と出演者の演技が好きだったし、旅してる感じがあったから、感動抜きにしたら楽しめました
[ネトフリオリジナル作品No.6]
>|