ゆけちゃす

THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティのゆけちゃすのレビュー・感想・評価

4.0
高橋一生出てるんだって~と観に行ったら主演女優の目ヂカラの虜になってしまった。
90分ひたすら妄想と現実をEDMやSEXと共に行き来するオサレ・ドーピング映画で、混沌としていて物語の進展具合が正直よく分からなかったのだが、その間繰り返されるアキ役・桜井ユキの七変化(四変化?)に魅了され続けた。
猫のような目が綺麗で良いと思う。家出少女のアキはまさに拾ってきた猫であり、人気女優となったアキは女豹のようでもあった。

物語は…、と語ろうとしたところで何が現実で妄想だったかいまだに整理できていないし、ネタバレにもなるのでやめておこう。
「現実と妄想」のようにはっきり区別できればいいのだが、もしかすると「妄想と幻想」のようにどちらも紛い物かもしれない、そんなレベルで精神崩壊している映画だ。
スポットライト理論という時間概念のもとに、「過去・現在・未来が同じ空間に同時に存在」していて、そのどれかにスポットが当たる。夢と不安を抱えたアキ、愛を謳歌するアキ、夢を叶えたアキ、残酷な現実に目覚めたアキ。そしてそのスポットは目まぐるしく変わる。

オサレ・ドーピング映画と形容したが、とても刺激的で面白かったと思う。
ピエロもすごく優しい人で良かったし、なんだかんだ高橋一生もさすがの存在感。存在しているのにいないような、空白感が素晴らしかった。



1/10 リミット・オブ・スリーピング・ビューティー @チネ・ラヴィータ