金子文子と朴烈/朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキストの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

  • Filmarks映画情報
  • 韓国映画
  • 金子文子と朴烈/朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキストの映画情報・感想・評価(ネタバレなし)

金子文子と朴烈/朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキスト2017年製作の映画)

박열/Anarchist from Colony

上映日:2019年02月16日

製作国:

上映時間:129分

3.9

あらすじ

「金子文子と朴烈/朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキスト」に投稿された感想・評価

左隣の人がアナキストだった
「犬ころ」の詩はとてもいいです。愛と己のために生きます。自由に。関東大震災の朝鮮人虐殺はあまりにひどいですね。惨すぎますよ。水野錬太郎の描き方があまりに極端ですが、それはしょっぴいたとしてもひどいです。ただ歴史の事実はちゃんと調べないといけません。陣頭指揮を取った責任者であることは疑いようもないですが、あそこまで卑劣に追い詰めたのか。わかりようもないかもしれませんが、映画的な脚色かもしれません。二人が大逆罪にのっかるのもまた疑問ではあるものの、彼らとしては筋が通っているんでしょうね。熱い気持ちになりました。とにかく明日からも自由に生きます。
コムサ

コムサの感想・評価

4.7
とても見応えがあった
関東大震災後の朝鮮人への大虐殺
日本政府というやつは
仮想敵を作って
自分たちが標的になることを
阻止する愚劣な輩
権力に立ち向かう姿は
清々しく逞しかった
日本も臭いものにフタをせず
ちゃんと映像化できる気概がほしい
とゆうか自由をあげてくれ!
notitle

notitleの感想・評価

3.6
暗殺思想と虐殺が一連で描かれている。結果的には、彼らの行動、主張が世界を変えた。一方であの時、震災からの一連の騒動がなければ、単なる…と考えると、入り込めなかった。それでも、生い立ちに負けず、愛と己に真っ直ぐで、強い文子には魅了された。
rt

rtの感想・評価

3.8
おーい安倍!お前これ確か無かったことにしようとしたろ笑。ファクトチェックめんどいごめん。
ぽてと

ぽてとの感想・評価

3.9
朴と共に死ねるなら、私は満足しよう

舞台は日本が韓国を統治していた時代の東京。
アナキストである朴烈と金子文子は、その東京で出逢い、恋をした。お互いを同士と認め合い、高め合いながら、確かに愛を育んでいた。

しかし、大正12年9月1日。関東大震災。
当時の日本は、朝鮮や台湾といった植民地の独立運動や、国内の大正デモクラシーによって社会主義者らが活性化したこと、首相暗殺や恐慌による政治経済への不安などから社会体制が揺らいでいた。それに追い討ちをかけるように震災が起こり、甚大な被害をもたらしたことで、国民の不安はピークに達した。

政府はそれに伴い、治安維持を目的とした戒厳令を発令するが、その中に「朝鮮人が井戸に毒を巻き、火を点け回っている」との内容も含まれ、朝鮮人の一斉検挙が行われた。国民の不安を、望ましくない方法で鎮めようとしたのだ。各地で自警団が発足され、罪もない朝鮮人や中国人、日本人(聾唖)が虐殺されたのだ。

これが関東大震災の裏側で起きた、朝鮮人大虐殺である。
この虐殺の発端は水野内務省のたった一人の発言でおきた。当時の政治的背景、各人の差別や偏見、逆恨み。なぜ、自然災害の背景に社会情勢が動くのか。疑問で仕方がない。



内容の感想に入ると、
何と言っても、文子の存在が本作をより良いものに昇華していることは間違いない。勝気でありながらも天真爛漫な性格が、この重い作品をシリアスに描きすぎない。

裁判所や留置所でも、文子は朴烈を想うと、恋の表情を見せる。辛い状況下に置かれながらも。
同居誓約。素敵じゃないですか。
そして、二人で写真撮影をする場面。映画のジャケ写にもなり、今尚残っている二人の写真。朴烈と文子の表情がなんとも言えない。途中で重いテーマを扱っていることを忘れてしまうくらい、純粋な恋心を描いている。だからこそ、観てる側は二人に感情移入し、英雄視してしまうのだろう。

法廷のシーン。
最後の文子の言葉。少数特権階級、その下にいる奴隷(私たち一般市民)、そして朴烈への熱い言葉。感動しました。ハッとしました。そして、最後の朴烈へ見せる笑顔、幸せそうでありながら、切なさも感じた。
文子が朴烈と共に死刑判決を受けた時に見せる、ほっと安心したような表情は非常に印象的だった。



本作は、決して「日本と戦う朴烈と、それを献身的に支える日本女性の金子文子」という描き方をしてはいない。あくまでお互いは恋人であり対等な同士。そんな彼らの決断を弁護士、判事、看守がどう受け止めるかが描かれ、単純に反日映画としていない。また、所々コミカルに描き、緊張と緩和のバランスがとてもうまく観やすかった。


最後に、
朝鮮人大虐殺。日本人として、知る必要がある歴史。
震災によって埋もれ、正当化されてしまった、日本の汚点。先人たちが犯した過ちを、私たちはしっかりと見つめなくてはいけないのだ、と思った。

日本人として、
ぜひ見るべき作品に思う。

2019-11 125作目
韓国の英雄になった男の話。映画がロングランになったのはわかる気がした。わかりやすく観やすかった。文子は妊娠して刑務所内で処刑されたのでしょうか?関東大震災の朝鮮人大虐殺は本当に日本の歴史の中でも汚点ですね。
Ayaka

Ayakaの感想・評価

4.0
暗い話しでは無い。覚悟と希望に満ち、疑問を投げかけた話である。

視野が広がった。

事実は当事者とその時を生きた人しかわからないかもしれない。

真実は時と環境と立場とと‥当事者にしか分からないかもしれない。

だからこそ、俯瞰し、権力から遠のき、人種も人間も年齢も関係無く、一人の人間として今この時を謙虚に大事に生きたい。
だが一国民として、自ら考える事から
歩みを止めて、流されて、生きたくは無い。

それを理不尽な方法や、お金や武力や無関心で奪われたくも無い。

いつからそうなったのか?いつまで続くのか?私は子を思い、どうすれば良いのか?

ただただ、もがく歩みは止めてはいけない気がする‥。そう思う。
ゆみな

ゆみなの感想・評価

3.3
チェ・ヒソの日本語流暢すぎてビビる。

金子文子って名前は知ってるけど、詳しいとこまで知らなかったので興味深く観れた。良い映画。
朴烈と金子文子、関東大震災時にあった朝鮮人虐殺の話。

確かに重い話で政治的な内容や過激な表現もあるが、朴烈の堂々とした姿や文子の可愛らしい表情や仕草で、そこまで気持ちも沈まずに鑑賞できた。
また、理解を示す日本人がいたり、朴烈の民衆は敵ではない。というセリフが印象的。
ただただ日本人は敵。という事でなく、権力に対する姿勢や、報道のあり方、愛など人間に共通する事が描かれていたのが凄く良かったと思う。
だからこそ、日韓共同で制作した作品が観たかったとも思う。韓国だけで作られた事が少し切なくなった。

文子の「ただ動くのではなく私の意思によって動く時、それが死でも生の肯定だ」みたいなセリフがとても心に残った。

高校の授業で朝鮮人虐殺について先生が話したのを今でも覚えている。当時何も知らなかったので衝撃を受けたし、今思うとそれから韓国に関心を持ち始めた気もする。
しかしながら、朴烈と金子文子という人がいた事は知らなかった。また1つ勉強になった。
>|