金子文子と朴烈/朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキストのネタバレレビュー・内容・結末

金子文子と朴烈/朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキスト2017年製作の映画)

박열/Anarchist from Colony

上映日:2019年02月16日

製作国:

上映時間:129分

3.9

あらすじ

「金子文子と朴烈/朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキスト」に投稿されたネタバレ・内容・結末

「ガンジー」と「go」と「主戦場」を思い出す作品だった
日本人に見て欲しい映画リストに主戦場とこの映画を加えたい。
全員が当たり前に思ってたことを、当たり前に思わずに、少し違った視点で見て、事実に向き合えたらいいのに
天皇制度については、何も考えていなかっただけに、世の中には学び足りないものって山ほどあるなと思いました。
映画って学びの一歩になるからいいと思います。映画見て、この事件ってなんだろうって調べることだけでも、きっととっても大切。
外国語を学んだメリットの一つに、その国でどういったニュアンスで報道されたのかが分かるというのがある。
https://umemomoliwu.com/anarchist-from-colony
泣くなこの映画と思っていたらやっぱり冒頭から度々泣いた。日本人て基本的に陰湿。文子と烈の目力に圧倒される。映画を見て、今日も知らなかったことを色々学べた。そして映画としてすっごく面白ろい。2人の威勢の良さ!とっても良かった。

私は金子文子と朴烈や彼らの仲間を忘れない。関東大震災が起こった時にデマを流布されて沢山の朝鮮人の人が差別を受けたり、虐殺されたことを忘れない
韓国で作った作品だから当然だけど、とっても韓国国内で受けるように作られてるように感じた。

朝鮮併合や関東大震災での朝鮮人虐殺事件など日本人が反省しなければならないのは当然だけれど、このような描き方では日本人の反感ばかりを買ってしまうのではないかと思う。
アナキズムや大正時代については、一瞬日本のダダイズムを勉強するときに軽く触れただけだったけど、その主義主張を体現して生きた人々の一部分でも映像として観れたのは嬉しかった。自分の信じる思想の強さ、それを求める植民地時代の挑戦の人々や抑圧された貧困な人々の思想の展開も分かりやすかった。

歴史 思想的背景を別としても、彼らの「何も行わなかった」ことを行なったとさせたい政府側、良心がある検事など、権力と国家、良心と利益とか、大きな問題も描かれていて見ていて正論だけで通らない、人間らしさがあってよかった。明らかに悪者に見える政府側も、国家を一番として考えた時に何を優先して行動するかという点では難しいと思うし。だれでも自分の保身に走るだろうし。あと、拘置所の刑務官が、とても人間らしかった。

既存の価値観が「当たり前」として存在してる強さって思うより強くて、例えばこの刑務官がその日本人エリートとして育った価値観でこの極悪朝鮮人として入ってきた2人から得た異なる思想は最初は最悪なものに見えたと思う。この2人を測る尺度は刑務官としてのものだから。でも2人の境遇、その思想の強さを次第に理解していって新しい価値観を、自分のものにしなくても受け入れるようになった所は、今のいろんな人に見習ってほしい所だなと思った。歴史や思想を勉強する意味はそこにあると思う。この刑務官が史実だとしても、違うかったとしても。

基本的に知識なくてもわかりやすい展開で、普通に面白かった!
時代背景や思想を丁寧に描くというよりは、テンポよく進むといった印象。

キャラクターに愛嬌があり、見やすい。悪役の水野男爵も気持ち良いくらい(劇場型過ぎ笑あからさまだよーもっと陰湿でも良いのに)だし、扱ってる背景に比して後味の悪さが極端に少ない。拷問など血みどろのシーンもないし。

文子と朴烈の関係も(現代的で)良い。お互い対等に尊敬し合う感じ。美男美女だし…
裁判のシーンも小気味良い。

しかし、同じことが昭和に起こってたら、また違ったんだろうなあ……

密偵もだけど、最近の韓国映画はこの時代を描くのがうまいな。面白いって訳じゃなくて、バランスが取れてる。日本人が見て嫌な感じがしない(右翼は無理だろうけど)。プロパガンダとして洗練されてる。プロパガンダが悪いわけじゃない、ニノチカだってそうだし。

ただやっぱ名作はないんだよなーバランスが良いの裏にエンタメすぎってのがあって。
鬼が来た!とかあのくらいのを一緒に作ったら面白そうなのにな。無理だろうな。
ほぼ史実に基づく実在した人物の話。

大正時代のアナーキスト朴烈と彼に恋した金子文子たち無政府主義者と内閣政府との闘い。

印象に残る言葉の数々。

鬼気迫るセリフを外国語でこなす韓国人俳優たちに頭が下がる。

100対0の韓国人善、日本人悪でなく、韓国人にも悪があり、日本人にも善があった。(まぁアナーキストだしね)
隠そうとした歴史と学校で習うことのない歴史の一端が見えて裁判の公判記録も読んでみたいと思った。あんなに面白いものなのだろうか。

ただ、金子文子に韓国政府から愛国章っていうものが授与されたことについては無政府主義を語っていた人物だけに皮肉だなぁと。
彼女、それ喜ぶかなぁ。。

元号が変わるという時期にこの作品を観ることができたのは、何か考えさせられるな…
見てる間は圧倒されて泣くどころではなかった。でも映画館を出て歩いてたらほろほろ涙が出た。中学生のとき、ナチスに反対したゾフィーショルの映画を見たときは、死をもって訴えることの意味が分からなかった。生きてこそ言えることがあると思ってた。でも文子の「人間は動くから生きているのではない。意思をもって動くから生きている。自分の意思であれば、たとえ死刑に進んでもそれは生の否定ではない。」で、やっと理解した。それに文句を言う権利はない。自分のいのち、生き方は自分のもの。
でも、朝鮮人への熾烈な民族差別がなければ、ふたりはごく当たり前の幸せを手に入れて、いのちと引き換えに何かを訴えようなんて思いもしなかったはずで。そのことを思うと、日本人がした仕打ちのおぞましさ、罪深さに打ちのめされる。
このふたりは狂っているんじゃない。人を人として扱うという、当たり前のことを求め続けた結果、ふたりが選んだ道だった。
いろいろ言い始めればキリがないけど、見ていて辛かった。これを忘れようと、なかったことにしようとしている人々は本当にどうかしている。
三・一独立運動から百年のことし。韓国との懸案が絶えず、関係が難しくなっているこのタイミング、果たして日本で公開しちゃって大丈夫なのか。どんな展開、テイストになっているんだろうとドキドキしながら観た。

本作は、自警団による朝鮮人虐殺の酷いシーンも、日本政府による在日朝鮮人や社会主義結社への弾圧、情報操作などすべて韓国側の視点で描かれている。不逞社の中心人物である朴烈は、アナキストとして当時の天皇制や日本政府を批判する。しかし、民間人までを敵視するような表現は露骨に盛られていない。そればかりか、政府への批判もどこか滑稽、皮肉たっぷりで、上映中、何度も笑いが起きたくらいだ。
できるだけコミカルに愛らしく、獄中での二人を描いたこの作品。大逆罪で終身刑に処せられた金子文子という日本人女性がいたこと、そして両国の対立ではなく平和を築いていこうという考えをまっすぐ伝えてくる。日韓関係に全然詳しくない素人が観ても、とても素晴らしい作品だと思いました。

あと、キム・ジュンハン・・めっちゃタイプ・・はあすき
関東大震災後のどさくさに紛れて4000人の朝鮮人が自警団と警察によって殺害された。

井戸に毒をいれた、十五円五十銭。

20代前半であればこの映画をみようともしなかったろうし、井戸に毒をというデマもなんの考えもなく信じていただろう。
無知であることは本当に罪だ。

記念写真のシーンはとても美しく印象的なシーンだった。
主役の朴烈の演技が素晴らしい。セリフをスムーズに話すことが演技の上手さではないと改めて感じた。

ただ、全体的にチープな印象。
金子文子が判決後に万歳をした、であるとかそう言ったエピソードに基づいたキャラクターだと思うのだが、なんとなく安っぽい。
>|