金子文子と朴烈/朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキストの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

金子文子と朴烈/朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキスト2017年製作の映画)

박열/Anarchist from Colony

上映日:2019年02月16日

製作国:

上映時間:129分

3.9

あらすじ

「金子文子と朴烈/朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキスト」に投稿された感想・評価

eric

ericの感想・評価

4.3
日本でスクリーンで観れるとは。
彼らのことを見守る日本人も、この時代の日本の景色もきちんと描かれているし良かった。

チェ・ヒソの日本語韓国語を再現できるのすごいと思ったそれくらい日本語の発音キレイ。
…というか所々違和感はあれど、え、誰が日本人…?と思うほど韓国人の役者さんの日本語が綺麗で驚いた笑
honestaki

honestakiの感想・評価

4.1
20世紀初頭大正から昭和にかけて、日本が暗闇に突き進む時代。
関東大震災後に起きた悍ましい朝鮮人狩り。
現代まで続く日本人の選民意識の根深さを思い知らされる。

虐殺事件隠蔽のためのスケープゴートとして選ばれた朴烈。
彼の若さが、言葉の強さが暗い社会に立つ光の柱になった。
社会の暗黒期にも、いや暗い世の中だからこそ権力に立ち向かう青春があった。
朝鮮人のヒーローでありながら帰国後は母国の政治に翻弄され、同じ民族の争いで死ぬ事になった不遇の人ではある。

暗く、難しい題材ながらこの作品はしっかりエンターテイメントとして成立している点が面白い。
結婚式さながらの裁判シーンは、コリアンではない私も愉快痛快拍手喝采!
これを日本人監督が描いたのなら、「社会派」に括られた重たい作品になっただろう。
韓国映画の骨の太いことよ。

韓国人が日本人を演じるようになった時代の変化と、役者陣の覚悟を感じる。
日本語訛りの朝鮮語を話す日本人を演じ切った韓国人のチェ・ヒソがとても良い。
また、司法分権の狭間で葛藤する立松懐清を演じたキム・ジュンハンの清廉さも印象的でした。
2019.6.20
キネカ大森
あっこ

あっこの感想・評価

3.8
2019.6.20
キネカ大森
名画座二本立て
まる

まるの感想・評価

-
こらあかん
あだ

あだの感想・評価

-
本当は日本人キャストを要所で使いたかったんじゃないのか。それができなかったことが凄く残念。日本でもこういう作品も見れる喜びと、シネコンでは見れない(多くの人には見てもらえない)悲しさ、両方を見ながら感じた。
C

Cの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

泣くなこの映画と思っていたらやっぱり冒頭から度々泣いた。日本人て基本的に陰湿。文子と烈の目力に圧倒される。映画を見て、今日も知らなかったことを色々学べた。そして映画としてすっごく面白ろい。2人の威勢の良さ!とっても良かった。

私は金子文子と朴烈や彼らの仲間を忘れない。関東大震災が起こった時にデマを流布されて沢山の朝鮮人の人が差別を受けたり、虐殺されたことを忘れない
2019/5/24
@シネピピ

文子の生い立ち、詩に触れて
急いで駆け込んだ。。。
まだ、自分の気持ちを整理して、言葉に、形に出来ない。
チェ・ヒソさんは、兎に角日本語がお上手!!
Punch

Punchの感想・評価

3.3
全く面白くない。物語はさておき映像がひどい。
Tom

Tomの感想・評価

3.1
うーん…あんまり好きじゃないかも