金子文子と朴烈/朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキストの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

金子文子と朴烈/朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキスト2017年製作の映画)

박열/Anarchist from Colony

上映日:2019年02月16日

製作国:

上映時間:129分

3.9

あらすじ

「金子文子と朴烈/朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキスト」に投稿された感想・評価

令和だ何だいってる今にピッタリの映画だった。
nynz

nynzの感想・評価

1.0
総じて視聴者を不快にさせる映画
気持ち悪い韓国男と恋愛する頭が悪い負け組女が出てくる映画
見た目も頭も良い女は気持ち悪い外人男と恋愛なんかしないわな
こんな汚らわしい反日映画を日本で上映するな
外人男と恋愛してなおかつ自国の天皇の暗殺計画を立てるような反日売女が出てくる気持ち悪い映画
間違いなくこの女は日本の女の恥晒し
日本人女に執着してる外人男が見た目も中身も行動も気持ち悪いし汚らわしい
そして外人男に同調する日本人女の見た目も中身も行動も気持ち悪いし汚らわしい
逆パターンならまだしも日本人女と外人男の組み合わせは日本に害しかない事がよくわかる
金子文子と朴烈の恋愛は最も汚らわしく日本と日本人はこの汚らわしい反日売国カップルを見下すべきであり絶対に日本に必要じゃないし手本にすべきじゃない恋愛
この映画を支持するキチガイはこいつらと同じ犯罪者、日本の恥だと自覚しろ
osowa

osowaの感想・評価

1.5

このレビューはネタバレを含みます

韓国で作った作品だから当然だけど、とっても韓国国内で受けるように作られてるように感じた。

朝鮮併合や関東大震災での朝鮮人虐殺事件など日本人が反省しなければならないのは当然だけれど、このような描き方では日本人の反感ばかりを買ってしまうのではないかと思う。
決定する上の者は最も醜悪だが、それに翻弄される市井の人々にも落胆する。魔女狩りのような恐ろしさがあるが、自分がそこにいて正気を保てるかも疑問。
二人の強さと愛の形が美しい。

韓国版のチラシも好きだけど、映画見終わると日本版のチラシもいい。
miku

mikuの感想・評価

4.3
頭が良く、強くてかっこいい女性が主人公の映画が好きな私にとって、本作の金子文子はまさに理想的なヒロイン。今年一番ときめいた女主人公かもしれない。

誰にもひるむことなく立ち向かっていく堂々とした文子の姿を、体当たりで演じきったチェ・ヒソが素晴らしいです。日本語も完璧。

こんな映画を日本で見れて良かった。
文子曰く「父には逃げられ母には捨てられた」無国籍児として育った文子は親族の間を転々としその間も両親は文子を顧みない。この生い立ちが文子の中に形作った暗渠のようなもの。政府を否定し天皇を否定し日本人の子供として生まれながら在日朝鮮人の中にしか居場所を見つけられなかった文子、一方 憎んで当然の日本にやって来てまで「人は天皇に″神になれ″と言う」と日本を憂い自らの思想に殉じた朴烈、2人の間には実は大きな差異があり、それを埋めたものが男女の性愛であると思う。平たく言えば思想バカの朴烈がまんまと文子に手玉に取られたというか(言い過ぎ?) 朴烈の人懐こい笑顔と文子の鼻にしわをよせてクシャッと笑うあざとさが対照的。この二十歳そこそこの文子には判事(キム・ジュンハン、良かった)もやられた。そして手に手を携え自ら死刑の道を選び取ったかのように見えた2人の最期が(ラストのスーパーによると)これまた予想とは逆の展開。文子の死の真相がどうであれ、朴烈よりも文子の方が自身を鼓舞し続けた人間であったに違いない。
朴烈が母親に見せたいと言ったあの写真を母親は見たくはなかったろう。それほどまでにあの写真は嬌態であると思う。
とえ

とえの感想・評価

4.0
関東大震災の騒乱に乗じた日本人による朝鮮人の虐殺と、その火消しに利用された朴烈と金子文子の物語

正直な話、関東大震災の時に井戸に毒を入れた朝鮮人がいたというデマが流されたことは聞いたことはあっても、その火消しに利用された朴烈と金子文子の話は知らなかった

なぜ、知らないかと言えば、私の勉強不足なせいもあるけれど、多くの歴史上の汚点がそうであるように、歴史から消し去られてしまったからではないかと思う

とはいえ、その当時は朝鮮は日本の統治下にあって、日本政府も未熟なところがあり、関東大震災で火の海となってしまった東京の苦悩から目を逸らすためにねつ造されたデマだったと思われる

それにしても、それはあまりにも幼稚で、酷すぎるデマだった

その噂を信じた日本人たちは「朝鮮人憎し」と虐殺を始めてしまう

その虐殺された人数を知って、ヤバイと思った政府は、次に犯人をねつ造する

そのねつ造されだ犯人が、朝鮮独立の活動家だった朴烈だったのだ

そして、その朴烈の思想に惚れ込んだ恋人が金子文子だったのだ

この映画は、韓国で製作されたものだけど、決して「日本憎し」という反日的な作り方をしていない
そこが、ありがたいというか、良いなと思った

独立のために活動していた朴烈だけど、全ての日本人を嫌っていたわけではない

彼の周りには彼を慕う日本人たちもいたし(そういう人たちは、当然、他の日本人からはアカと言われたけれど)、朴烈自身も、日本人の考え方にとても興味持っていた

そして、何より、彼が愛した文子は日本人だったのだ

その事実を知って思うのは、これから先、同じ過ちを繰り返してはいけないということ

そのために、私たちがしなければいけないのは、他の国の人たちとの違いを知り、受け入れることだと思った

しかし、それが簡単なようで、とても難しいのだ

だから、私たちには、この朴烈と金子文子の愛が必要なのだ

後半は、どんなことがあっても信念を貫き通す二人の愛に泣いてしまった

彼らの愛をお手本に
違う国に生まれた者同士、習慣や考え方は違って当たり前
その違いを楽しめるぐらいの心のゆとりがあってこそ、成熟した国になれるのではと思う

それ以前に、この二人の物語をぜひ知って欲しいので、一人でも多くの人に観て欲しい作品
IPPO

IPPOの感想・評価

4.0
まだ公開してると知り待望の鑑賞が実現。
実在した在日朝鮮人アナキスト朴烈の生き様を描いた物語。

『空と風と星の詩人』も観たけれど、この監督さん…反日プロパガンダなのか、エンタメなのか、まだ掴めずもやもや。大正の終わりの日本の素晴らしい再現が見事でした。

驚くべきはヒロイン チェ・ヒソだけでなく、こんなにも韓国には日本語を巧みに話す役者がいるのか!ということ。
チェ・ヒソの日本語レベルと演技は申し分無く、日本人法務官をクールに演じていたキム・ジュンハンも流暢で素晴らしかった。

関東大震災の直後の在日朝鮮人虐殺。日本ではグレイ極まりないこの史実、本作はそのことを正面切って題材とし、当時の日本政府が在日朝鮮人達に何をし、プライドを辱め、それに争う者たちが居たということを高い温度感で訴える。

『I can speak』に続き、韓国では若手国民的俳優イ・ジェフンが反日要素強めの作品で主演を務めたこと、彼の日本に対する想い、なにかできちんと知りたいなぁと思うところです。
QTaka

QTakaの感想・評価

3.9
過酷な生い立ちをもつ女性と、国を奪われた男の、壮絶な愛の物語の映画です。
ただ、二人を囲む環境が困難を極めていただけの事。
.
その時代、日本がどんなところだったのか。
そこには、どんな人々が生きていたのか。
今、私達が頭で考えて分かる事ではない。
だから、こうして、そこに生きた人の姿を通して確認してみる事が大切なのだろうと思って、この映画を見た。
.
その時代の日本は、現代の日本よりもずっとアジアと密接に繋がっていたのかもしれない。
善し悪しは別として、人も、国も、国境すら、入り乱れていたような状況であった。
劇中の社会は、激動の時代を生きた人々の姿であふれていた。
特に、朝鮮半島の状況や、朝鮮人の置かれた環境は、被占領国とその国民であった。
そのことは、こうしてスクリーンを通して見ても、やはり理解出来るものではない。
そして、日本、日本人は、占領した国の国民であった。
そういう関係において、この映画は描かれている。
.
関東大震災とその後に起こった出来事は、歴史の中で確認しなければならない事の一つだろう。
朝鮮人への暴行、虐殺。
それに続く事件が、この二人の投獄・裁判で、この映画の舞台になる。
朝鮮人憎しと策略を企てる政治家がいる一方で、実際に二人に接する人々の様子も描かれている。
二人を取り調べる検察官は、二人を調べるうちに、彼らに手を差し伸べるようになっていく。
二人を収監している刑務所の刑務官すら、文子の原稿に目を通して、誤字を修正したりしている。
もちろん、彼らを支援する弁護士、知識人、あるいは運動家たちと言った多くの人々が関わってくる。
こういった姿は、彼ら二人の人としての魅力を現しているのだろう。
実際、彼らの写真は残っているのだから、物語ばかりとは言えない事実がそこに有るのだろう。
まさしく、この映画は、金子文子と朴烈という二人を取り巻く愛の物語だといえる。
「人誑し」な二人の生き様をここに見た。
.
この時代、明治維新から大正・昭和へ駆け抜けていく、近代日本の創成期は、日本が世界に追いつこうと必死だった時代でもある。
日清・日露の戦争を通じて、その力を世界へ知ろしめしたその時、近代国家日本をアピールするために外交努力も欠かせなかった。
映画に描かれたように、政治は旧態依然として、権力を笠に着た振舞いが目立つ一方。
法治国家としての規律を重んじようと頑張った人の姿もそこには有った。
日本が、本当の近代国家として世に認められるのは、この時代から遥かに先の事になる。
その間に、犯す重大な失敗の種は、この映画の中に有る。
そして、その先の日本の姿に繋がる日本を支える人々の姿も、ここに有った。
あざとい政治屋ばかりではない、場当たり的に仕事をする役人ばかりではない。
本当に国の事を考え、目の前の人の事を考え行動出来る人々が、いたという事をこの映画の中に見る事が出来る。
.
韓国映画は、久しぶりに見た。
韓国映画が、かつての日本を描くって、どういう感じになるのだろうと思っていた。
でも、それは、真摯に歴史に向き合う映画だった。
母国の英雄を描きながら、その時代を批判しながら、それでも詰まるところ人と人の姿を描いていた。
その中心に有ったのは、男と女の姿だった。
歴史ドラマ。もう少しテンポが良かったら