金子文子と朴烈/朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキストの作品情報・感想・評価 - 7ページ目

金子文子と朴烈/朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキスト2017年製作の映画)

박열/Anarchist from Colony

上映日:2019年02月16日

製作国:

上映時間:129分

3.9

あらすじ

「金子文子と朴烈/朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキスト」に投稿された感想・評価

金子文子を演じたチェ・ヒソが素晴らしい!  

難癖をつける右翼ゴロにおでんをぶっかけ、裁判所で野次を飛ばす傍聴人には「静かにしろっ!」と胸のすく一喝。鬼女の面貌で天皇制批判を激烈に述べる一方、ときおり朴烈に向けてクシュッと笑顔を見せる。おくれ毛やほつれ毛にふっと息をかけるといった何気ない仕草も演技とは思えない自然さ。喜怒哀楽をストレートに表現し、そのつどくるくると表情を変えていく。

文子はもちろん、登場する日本人のほとんどを韓国人の役者さんが演じているため、政府高官や官僚役にはいささか違和感があるものの、全体としては今の日本ではおそらく作れないであろう歴史に即した硬派の作品に仕上がっていると思う。有名な朴烈と文子の「怪写真」が撮られた経緯も、大逆罪へ持っていきたい政府権力者側の思惑と、予審判事の出世願望による結果の産物と、物語上、そうなのかもしれないといった流れで描かれている。

ああ、それにしても、明治から大正期にかけての女性アナキスト・革命家たち――文子をはじめとする管野スガ、神近市子、伊藤野枝らの生涯の何と劇的なことか。生まれや育ち、思想・信条、恋愛観の一切合財を含めて、彼女たちの生き様には興味が尽きない。
Eri

Eriの感想・評価

5.0
最近見るたび星5だけど星5を超える星5

高校生の時に日本史の授業で先生が
関東大震災の時に朝鮮人狩りで「15円50銭って言ってごらん」って発音させて日本人か朝鮮人かを区別して、
朝鮮人だったら竹槍で殺してたっていう話がまんま映画になってた。
当時はへぇ〜そんなことがってしか思わなかったけど、やっと今になって理解できた気がする。

大臣役が朝鮮なまりが出ちゃってるのが惜しい
でもすごいすごい言葉にならない余韻がすごい映画
韓国の俳優さんたち全員イイ男


昨日今日は天皇の話題で引っ張りだこだったからこそタイムリーな映画

天皇とはなにか
権力とはなにか
日本人は人種差別をしてた国であるっていうこと
にしても、オエオエ泣けたなあ
どんな時でも、私はあなたの同志です。

文子の言動好き。
背中合わせのとこも。
朴烈の訴え。
同士たちの叫び。

私を生きた。

令和に観た(映画館)最初の映画。
周囲から良いとは聞いていましたが
想像を超える素晴らしさ
やっぱり韓国映画って…すごい

日本の知らないことを
韓国映画から教わりました
Sayoooo

Sayooooの感想・評価

-
鑑賞からかなり経ってしまったけど。

日本人にもあまり知られていなかった金子文子と朴烈(パクヨル)のことを取り上げた映画であり、今この時代に見るべき作品だった。

20歳くらいの青年たちがしっかりと意志を持ち、主張して、文子は残念ながらなくなってしまったけれどこのようなアナーキストな女性がいたことを誇りに思う。

自分の主義があれば、主張できる環境がありながらもそれができない国民性になりつつある日本が残念だと思った。
ま

まの感想・評価

4.5
2019/4/29 11:50
ユジク阿佐ヶ谷

今こそ取り上げるべき人物でありテーマであった👏🏻菊とギロチンと比べて見たりしたい。チェジフの顔がすき、朴烈に向かって口すぼめる顔とチャーミングなウインク!検事さんはふたりみたいになりたくてなれなかった人だと思った。

•金子文子の自伝を読む
パンス

パンスの感想・評価

3.4
結構前に観たけど感想書いてなかった。「朴烈事件」については、松本清張『昭和史発掘』で詳しく解説されているが、この映画ではかなり忠実に再現されている。しかし意図的に? 削っているところがある。そこについて考えるだけで長大な批評ができそうなのだが、いまの僕の知識では荷が重いというのが正直なところ。。アナキズムと、20世紀前半の民族自決運動に迫る必要がある。
mmsrr

mmsrrの感想・評価

-
文子役の方が韓国人だということに一番驚いた 凄まじかった
#013
日本語上手すぎ。
日本が描かない日本の話。

日本人として、ごめんなさい、と思った。