金子文子と朴烈/朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキストの作品情報・感想・評価

金子文子と朴烈/朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキスト2017年製作の映画)

박열/Anarchist from Colony

上映日:2019年02月16日

製作国:

上映時間:129分

3.9

あらすじ

「金子文子と朴烈/朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキスト」に投稿された感想・評価

関東大震災(1923)の騒動の中で朝鮮人虐殺が行われたことは知っていたが、それに関連してこんな人物(韓国人と日本人)がいて、異例ずくめの二人の裁判が日本で行われたという史実は全く知らなかったから、ちょっとしたショック! 日本人に是非とも見てほしい日本の歴史教科書にはまず載らない内容の作品。
          *
アナーキストとして権力(大日本帝国)に徹底抵抗する熱い姿とその強さにうたれる。日本の植民地支配と朝鮮人差別の意識がいかに酷いものだったということの裏返し。
          *
内容がショックだったので、すぐにネットで二人について調べた。二人は大逆罪(天皇・皇后・皇太子に危害を加える犯罪)で死刑宣告されたが、恩赦により無期懲役に減刑。金子文子は映画に描かれていた通り原因不明の死をとげたのだが、朴烈(パク・ヨル)の方は映画の最後で流れたテロップ以外に波乱の(悲惨な)晩年があったようだ。南北分裂した朝鮮半島の厳しさを改めて感じた(大日本帝国も酷かったが北朝鮮はもっと酷い)。
          *
~最近聞いた、ちょっと関係するかもしれない話~
法は守らなければならないというコンプライアンス意識が幅を利かせるようになる一方で、同時進行しているのは、おかしな内容で新たに成立する法律、条令、政令の数々。法は社会に合わせて後追いでできるもので、決して完全なものではない。なのに・・・
          *
その法を守って生きることに汲々としている人間は、法を作った側に隷属しているだけという意識を持っておくべきだ。法の内側だけに生きる者には、法の外側で生きる者(法外な者)の真実が理解できなくなる。
          *
人間社会ではこれまでどこの国でも、絆のために法を破るのは正義だった。
「君たちが言う友だちというのはただの知り合いだろ? 本当の友だちなら法を破ろうが何があっても友だちを守る」
とも

ともの感想・評価

3.6
朝鮮人アナキスト朴烈と彼に心惹かれた金子文子。二人は同志として、関東大震災の混乱で朝鮮人虐殺が起きる中、日本国家に立ち向かっていく。

去年かな?同じ時代を描いた"菊とギロチン"があった。やっぱり民族差別は見ててキツい。日本人としてはさらにね。

この作品は日本人の役も韓国人がほとんど演じている。中には日本語下手な人もおるけど、上手な人はほんと上手。
えげつない内務大臣とか描かれてるんやけど、単純な反日映画にはなっていなかったと思う。いい日本人も描かれてたし。こういう人ももちろんいたんだということが救いに感じる。

「生きるとはただ動くということではない。私の意志で動いたとき、それが例え死に向かうものであろうと、それは生の否定ではない。肯定である。」
kiko

kikoの感想・評価

3.3
朴烈と金子文子の同志としての絆と愛が軸になった綺麗に纏められた作品。結局朴烈は冤罪なんだけれど、関東大震災が起きた当時の日本の時代背景、在日朝鮮人大量虐殺や、日本政府の思惑と、朴烈の思想が絡んで起こった事件なんかなと。金子文子は愛と思想に生き思想で亡くなった。と感じた。22年程も獄中で過ごした朴烈。本国ではヒーローの様な扱いだっただろうけど、観てた感じでは熱血な普通の人で、彼の思想をあっちこっちと手玉に利用された感じ。1950年の朝鮮戦争の最中に逃げ遅れて、北朝鮮に連行され平壌で南北平和統一委員会の副委員長を務めたそうで‥。金子文子より48年も長く生きたんだよなぁ。立松判事役のキム・ジュンハンがイ・ジョンジェに似てたな。も、感想にプラス。
文子かわいい。そしてかっこいい。かく生きられれば。革命家、フェミニスト、誰よりも人間らしいひと。朴烈も、男前。
歴史の痛みを平易に、されどしみる形で伝え残す。
YOK

YOKの感想・評価

-
物語のテーマは政治的だけど内容はそこまで政治的には感じず、特に金子文子がいかにして「アナーキスト」となったか、そこに想いを馳せる私でした。
miyu

miyuの感想・評価

4.1
『菊とギロチン』でも 少し描かれていたが…
関東大震災時に、朝鮮民族が大虐殺された事実…

本作は、まさしくその時代を描いた韓国映画である。。。

出演者の話す日本語は…正直…ん???…って 思えたが…
今年 京都シネマで上映されている時に、見たいなぁ…って 思っていた…
確か、チェ ヒソさんの舞台挨拶があったのに、残念ながら行けなかった💦
あーぁ💧

日本人は、みんな 関東大震災時に起こったこの非道な行いを知るべきだと思う。。。

金子文子が獄中で書いた文章が
読みたくなった…
taka

takaの感想・評価

4.0
朝鮮との間には知らない歴史がたくさんある。こんな事実誰も教えてくれない
日本って酷い国だなと考えさせられる作品だった。日本と韓国の溝って埋まるのかなぁ……

このレビューはネタバレを含みます

https://umemomoliwu.com/anarchist-from-colony
>|