映画を観たよ

寝ても覚めてもの映画を観たよのレビュー・感想・評価

寝ても覚めても(2018年製作の映画)
4.0
これは
序盤からやらかしたかと思った
実際やらかしていた、最後になってはぁ?だった
繊細で息苦しく、柔らかなのに鮮烈さも感じる
けれども私は朝子を許せない
二つの運命、それはわかる
が、彼女の行きつくところに納得できなかった
最後まで貫けばよかったものの
やはりそここそが夢だったのか
朝子の顔を見てもなにも伝わって来ない、感情すらないのかと思える、それでいてふっと見える感情に揺すぶられるお見事
こう思っていてもそれでもこの映画を嫌いになれないのは、朝ごはんの話があったからかもしれない