たいてぃー

寝ても覚めてものたいてぃーのレビュー・感想・評価

寝ても覚めても(2018年製作の映画)
3.5
濱口監督の「ハッピーアワー」が気に入ってて、かなりの期待で鑑賞。でも、本作のストーリーは、どうも気に入らない。フィクションだから、偶然が出てくるのは認めるけど、本作は多すぎで。それと元恋人が有名人になっているのに、気がつかないって、現恋人は、2年も前に知っていたのに。こうしないとストーリー的に繋がらないから?
原作は、芥川賞を受賞している柴崎友香。原作は未読であるが、フワッとした、捉えられそうで捉えられないって雰囲気は、原作からなのか。ラストの水かさが増した川を見つめる二人のシーンは、いろんな意味を含めてて、味わい深い。
役者では、東出昌大が二役をこなしていて、上手い。でも、他の役者はイマイチかな。「獣道」で吹っ切れた演技していた伊藤沙莉が本作では、さほど目立たない。そして、主演朝子役の唐田えりか。もどかしさが感じられて、演技なれしていないのでは?とか思ってたけど、ラスト近くのあっと驚く行動を強く印象付けるのは、前半のこの演技があってこそ、ではないのか。唐田えりかの次作は、井口昇監督作。どんな演技するのだろうか、気になる。