singer

寝ても覚めてものsingerのレビュー・感想・評価

寝ても覚めても(2018年製作の映画)
4.2
何か凄く胸に迫ってきて、色んな感情が満ちたり引いたりして、
落ち着きどころなく流れ出たような感じというか。
変なドキドキ感を残したまま、観終えてしまって、ちょっと戸惑ってます。

最終的には、良かったのか、悪かったのか、よくわからなくて。
良かったようにも思うけど、漠然と不安や怖さも残ったので、
正直、すんなりと受け入れられないエンディングでしたが、
それも含めて、とても見応えのあるというか、
久々に肌で感じながら、静かに揺れる自分の感情を、作品に置いてこれたような。
そんな作品だったので、自分は凄く好みの作品ですね。

主演の東出昌大と、唐田えりかもとても良かったです。
特に唐田えりかは、出演作を観るのは初めてで、
これまでは、CMの美少女的なイメージでしたが、
もう、完全にその印象は鮮やかに覆されたし、
今作での演技は、本当に女優そのものといった感じで、
本当に、本当に、見直しました。
この役柄の浮遊感は、彼女じゃないと体現出来なかったんじゃないかと思う位、
役に迫って、深く身体に滲ませているかのような雰囲気がビシビシ伝わってきたし、
とても良い演技を見せて貰ったなぁと。

東出昌大も、自分はわりと好きな俳優のひとりかなぁと思ってたけど、
今回でそれが、確信に変わりましたね。

後、個人的にはtofubeatsの手掛けた音楽も、
作品の雰囲気に合ってて、とても良かったです。
早速、Spotifyでサントラを聴きながら、このレビューを書いてるんですが、
デジタルの中に、温かい手触りがあって、聴き心地が良いですね。

万人におススメ出来るような感じの作品じゃないし、
結構、賛否が分かれそうなテーマを扱ってはいるけど、
自分は色々総合して、とても素晴らしいなぁ思ったし、
これは時間を置いて、また何度か観たいと思わせてくれる作品でした。
うん、とても満足。

*コメント欄に追記を加えました。