Kana

寝ても覚めてものKanaのレビュー・感想・評価

寝ても覚めても(2018年製作の映画)
3.0
運命とか奇跡とか夢みたいな現実だとか、繭玉に綺麗に包まれたラブストーリーの裏側の物語。
いかにもクズらしくてクズな人よりも、まともそうに見えてクズな人間の方がよっぽどタチが悪い。
終わり方に全然納得がいかないです…
綺麗な曲でごまかして狡い…
でもこうやって狡い女が結局、周りを傷つけて引っ掻き回しておきながら自分だけは図太く生きていくんだろうな。
そして狡い女に引っ搔き回される男もまた、再起不能になったように見えて、意外としぶとく都合よく運命を書き換えて別の誰かに寄生して生き残るんだろうな。
それにしてもこの手の心をざわつかせるBGMをどこかで聞いたことがあるなぁ。
そして本題とは直接関係ないけれど、あの災害のとき、きずなきずなってみんなが口を揃えて言っていて、それは何一つ間違いではなかったけれど。
願いや祈りみたいな人の強い想いは、捉え方によっては呪いやしがらみにも感じてしまうんじゃないかと、心の端で感じていた。
原作の題名は良くできているけれど、洋題がAsako1&2というのがちょっとツボってしまった笑