寝ても覚めてもの作品情報・感想・評価

上映館(2館)

寝ても覚めても2018年製作の映画)

ASAKOⅠ&Ⅱ

上映日:2018年09月01日

製作国:

上映時間:119分

あらすじ

「寝ても覚めても」に投稿された感想・評価

これは
序盤からやらかしたかと思った
実際やらかしていた、最後になってはぁ?だった
繊細で息苦しく、柔らかなのに鮮烈さも感じる
けれども私は朝子を許せない
二つの運命、それはわかる
が、彼女の行きつくところに納得できなかった
最後まで貫けばよかったものの
やはりそここそが夢だったのか
朝子の顔を見てもなにも伝わって来ない、感情すらないのかと思える、それでいてふっと見える感情に揺すぶられるお見事
こう思っていてもそれでもこの映画を嫌いになれないのは、朝ごはんの話があったからかもしれない
ジャンルを変えて鑑賞

主人公の感情の推移が難しい
taka181

taka181の感想・評価

3.0
原作を読んで期待値あげすぎたか。東出昌大の麦の方の滑っとした演技と、伊藤沙莉の大阪女模写のレベルの高さ。
さくら

さくらの感想・評価

2.3

このレビューはネタバレを含みます

口コミが良かったので鑑賞。
自分の理解力が足りないのだろうが、
あまり良いと思わなかった。

主人公の、本能のまま動いてしまう感じは
隠れた女性の憧れを表しているとおもう
昔好きだった男に迎えにきてほしいという願望は、言わないだけでみんなある。

緊張感あふれるシーンで、伊藤さりのあるセリフに映画館がクスクスなった。伊藤さりおそるべし。
ワッシ

ワッシの感想・評価

3.5
唐田えりかかわいい
同い年なのね
beallright

beallrightの感想・評価

3.3
2019年49本目
rimi

rimiの感想・評価

4.0
はぁぁーーーーー。えぐられた。。。
朝子と麦の少女漫画みたいな出会い方とか(うらやましい)
朝子が大人しくて清楚系なのにふいに積極的なのとか(かわいすぎ)
麦の朝帰りの理由とか(うさんくさい)
串橋が初対面のマヤにいきなりキレだしたりとか(こわいこわい)
麦との再会とか(若干ホラーみたい)
ぽつぽつ気になるところがあって、この展開に入り込めるんだろうかとか思いながら見たけど…
後半からもっていかれました。

朝子は多くをあまり語らないから、ふいに出た行動に隠れた気持ちの強さが出てた。
運命だと思って愛した人が消えて、きっとトラウマになったであろう。
そんな辛い過去と少しずつ向き合いながら亮平との時間を重ねて、ようやく愛することができるようになったのに、それほど愛していたのだということ。

自分の身にも起こった過去の淡い思い出や、あえて見ないようにして消化しきれてなかった辛い気持ちが蘇るようで、うまく言葉にできない寂しくて切ない気持ちになって、溢れてしまい、なぜか涙が止まらなかった。なんなんだーー
tofubeatsのRIVERも切なさ増長で良かった。
唐田さん黒目が大きくてかわいいし、横顔が美しかった。
summeri

summeriの感想・評価

4.1
久々に日本映画で面白いと思える作品を観た。 リアリティとフィクションのバランスの作り方がとても面白いし、セリフ一つにしてもドラマのためのセリフではなく、生きたキャラクターが発してるセリフとしてリアリティがある。 そして展開の仕掛け方が予想がつかない。 ふつうの映画であれば、ここでこう仕掛けるかなと感じるところが、妙なリアリティを産んでいて不思議。 画作りのこだわりや音楽もとても印象強く作り上げている。

脚本:0.8
芝居:0.9
音楽:0.8
編集:0.8
映像:0.8
yamanooo

yamanoooの感想・評価

2.6
忘れられない衝動的な愛をとるか、慣れたスパイスの安定した愛をとるか
主人公の気持ちが読めなくて難しかった。
さゆみ

さゆみの感想・評価

2.1

このレビューはネタバレを含みます

朝子が苦手すぎて内容が入ってこなかった
>|