寝ても覚めてもの作品情報・感想・評価

寝ても覚めても2018年製作の映画)

ASAKOⅠ&Ⅱ

上映日:2018年09月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

「寝ても覚めても」に投稿された感想・評価

突然失踪した元カレを引きずってるヒロインが瓜二つの別人に恋に落ちるラブストーリー。不安定で不穏な物語とtofubeatsの浮遊感ある音楽がマッチしていた。どことなく黒沢清感があったのは脚本で納得した。
MIAKO

MIAKOの感想・評価

4.0
理屈じゃない。
candy

candyの感想・評価

3.3
夢なのか、現実なのか…

感情に素直すぎる朝子。あれだけ奔放に行動できることがうらやましくもあり、痛々しくもあり。

朝子と麦の非現実的な世界。
好きだという気持ちはコントロールできない。どんなに頭ではわかっていても。
それを乗り越えて、心から好きだと思った亮平を裏切るのは全く理解できないけれど。
亮平やハルヨ、岡崎、マヤ、クッシーや東日本大地震の現実的な世界との交錯が、朝子の不安定さを際立たせる。

亮平と朝子は、幸せになれるのだろうか。違う風景を見る二人の気持ちは、ふたたび交わるのだろうか。

tofubeatsの音楽と画の雰囲気はよかったが、思い込みで一直線、周りを振り回す朝子なので、全然、"大人"の恋愛映画ではなかった。
mii

miiの感想・評価

3.6
とりあえず汚い言葉を使うと、
は??何このくそ女。
.
いやぁ、よくもまぁ、その自分の利己的な考えて突き進めるものだ…
そういう人間が嫌いだから、朝子に何の理解も出来なかった
.
朝子が嫌いなだけで
作品は思ったより好き
何より撮り方とても好き
最後の土手を追いかけるところ特に
.
とりあえず、春代が一番いい女
Mii

Miiの感想・評価

3.6
朝ちゃん。。。
か弱そうでなかなか図太いな!!

過ごした時間か。
過ごせなかった時間か…。
想いの度合いを比べるのは難しい。
どっちも重なることのない想いだから。

わからんでもない。
朝ちゃんの気持ちも。
実際こうなったら案外朝ちゃんと同じことするかもしれん。
けど。
勝手過ぎるやろー!!って言いたくなる。

亮平、ツラいな。
もう人生最大のトラウマ決定だな。

ラストがリアルだった。
あれでいい。
ふたりの未来は。
ふたりにしかわかんないんだから。

恋愛なんて。
他人から見たら理解できないことだらけだったり…するし、ね。

まーでも。
バクもなかなかなヤツだった。
ああいう人に惚れると。
色々大変だー。
missy

missyの感想・評価

3.8
飯田橋のギンレイホールで『寝ても覚めても』を観てきました。
観ていて胃が痛くなってきました。映画的にいい意味で。
ヒロイン目線で同情したり、友達目線でダメ出ししたい気持ちになったり、亮平の気持ちに寄り添いたい!と思ったり、第三者目線で心配になったり…。
なんか忙しかった。。。
女の業の深さをこうも見せつけながらも、魅力的に描いていてすごいなぁ…と思う。
身近であったらホントたまったもんじゃないし、友達には絶対なりたくない。
でも、なんというか自分の中の奥底にある、業の深さを覗いたような気もする。

とりあえず一人で観てよかった。
誰かと感想を語り合うより、一人で整理つけてから話したい映画でした。
Aka

Akaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

最近ハマっているtofubeatsがいい仕事をしてると聞いたので鑑賞。めちゃくちゃいい仕事してるよ最高だよありがとうございました。
結構批判が多いみたいですが私は忘れられない映画になりました。でも確かにもう一度は決して見たくはならない、あの裏切りの苦しさは感じたくない。

いろいろ考えさせられてしまったので、感想というよりは感じたことのメモになってます。↓


主人公のあの裏切りに共感できない人は多いだろうけど、少なくとも私は同じような立場で考えることができた。彼女を責めることはできないと感じた。
今、凄く大切な恋人、今までの人間関係、全部捨ててこの人と生きたいと思えるような人が、麦のような人が私にはいるだろうか?かつて大好きだったあの人なら、もし迎えにこられたら迷ってしまうかもしれない…いや来ないし行かないか…?
とかいろいろ考えたけれど、そんな人がいるのって幸せな気がして。だからずるいんですよね。
なんでか分からないけど、その存在がずっと忘れられない存在が、小さな自信になっていたりする。少なくとも私は。
どこかで見た「過去の好きな人が忘れられないのはその人を好きだった自分が好きだから」。自分を否定するなんてなかなかできることじゃないですよね。まさにそれなのかな。主人公が麦と再開した瞬間、かつての自身に戻ってしまってる気がするんです。自由で、奔放でいられた、2人の世界、みたいなもの。

恋愛はたしかに夢を見るのと似ているかも。夢のように自分を投げ出して、ハッと我にかえるような、恋愛ってそんな感じだったりするんだよなって改めて思いました。
でもそれは誰にも分からなくていい、批判されてもいい、2人で分かち合えれば。

とかいいつつ、自分と顔がそっくりな人を選ばれたりしたら、やっぱり私も怒り狂うと思います。本当に「1番やってはいけない最低な方法」で裏切ってますもんね。
レストランで2人が睨み合うシーンは印象に残りました。


何はともあれ、最終的に全てはあのラストシーンと、あとはtofubeatsのRIVERに詰まっていると私は思います。繰り返しますが、恋愛なんて人が理解できるものじゃないというのが自論です。想像し得ないもの。だから素晴らしくて面白くて最低で悲しくて嬉しいんだよなぁ。
共感されないこともある、それが映画で許されるのかはともかく。

いろいろ書いてしまって、これ恋人とかにいつか見られたら恥ずかしいな。
今大切にしてくれる大切なひとを大切にします!
よし

よしの感想・評価

4.6
まるで自分の内側を見つめているように僕には見えた唐田さんのまなざし。
ここにはないものをまっすぐ見ていたのだろうか。

自分にとって特別な人ってなんだろう。
望むと望まざるとにかかわらず、たった一人選んでしまう特別な人。

これは本物、とかこれは偽物、なんて決めてしまったら苦しい時もある。他人からはそもそもとやかく言われたくないけども、自分でだって、決めてどうなるって思ったりするよ。でも決めてしまうんだ。それは仕方がない。
言葉にできないし、したくない気がする。だからやーめ!

最近まんぷく見てたらなんかなぜか急に好きになってきた瀬戸康史とか、渡辺大知の見たことない演技とか、やっぱり良いキャラしてる伊藤沙莉とか、一人二役をしっかりやりきった東出くんの名演とか。
画面の雰囲気が良くて、なんだろう、徹底して日常みたいな何気なさに理由のわからない涙を流したり。悲しいことってどこにでもある。
後半狂気ですらあったけど、なかなか好きだった。

唐田えりかが演じる、純粋過ぎるが故にやばい朝子を「タイプだ」と思ってしまった自分も、かなりやばいのかもしれないと悟った。
>|