寝ても覚めてもの作品情報・感想・評価

寝ても覚めても2018年製作の映画)

ASAKOⅠ&Ⅱ

上映日:2018年09月01日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

「寝ても覚めても」に投稿された感想・評価

いで

いでの感想・評価

5.0
やっと2回目観れた。やっぱりとんでもなく「映画」を観た感がある。

理由の一つは驚くほど隅々まで作り込まれてるいる事。前半に友達の岡崎がコケたシーンでさえ後半の布石だったのかと思えるくらいよくできている。映像も素晴らしく出会いのシーンや地震後の二人のシーンも良かったし、終盤の走ってる2人を晴れ間が追いかけるシーンは本当に良かった。

正直、はじめはあらすじでうーん、東出くんが一人二役でうーーん、、冒頭の2人が出会うシーンんでうーーーんだったけど、それも今思えばスゴく映画的だなぁと思う。もちろん映画って作り物だし、実際は麦みたいなヤツはもちろん、亮平みたいにとんでもなくできた人もいないよと思うんだけど、でもその作られた世界の中では全く嘘がないようにと思えた。

終盤の朝子がある選択をする場面で、選んだ結果より全く迷いがないそのスピードに驚く。そこから最後まで正直1回目は少し腹が立ったりもしたが、あの場面でためらいなくあの選択ができる朝子はすごい。結局は当事者じゃない人間が何か言える事でもないし、そもそも考えたら朝子の中の理屈は通ってる。いや、朝子だけじゃなく麦も亮平もみんな最後まで芯は変わってない。

全て捨てられる朝子、執着しない麦、そして何も捨てない亮平

側から見て正しいかは知らないが、自分には正直だったんだろう。日常と非日常の境目がものすごく曖昧で、だからこそヒリヒリさせられた。

今日と同じような明日がくると思って生きてるけど、ほんの一瞬の出来事でその後の世界が変わる事なんてたくさんあるんだな
Hamahiro

Hamahiroの感想・評価

3.5
狂気を感じた。

自分を置いて何処かに消えてしまった元彼に似た人に出会ってまた恋に落ちて幸せになるのかと思いきや…。
あぁ、恐ろしい。ゾッとしました。
sakura

sakuraの感想・評価

4.0
いろんな意味でただ「衝撃」の一言。
朝子は正直苦手なタイプではあるけど、正直でもあると思う。

内容と直接関係ないようで、震災のことが盛り込まれていることで、すごく色濃くて深い映画になっていると感じた。
おじちゃんの何気ない一言、
だんだんみんな来なくなっちゃうんだから〜とか、来ないとこんな旨いもん食べらんないよ、みたいなやりとりがすごい自然で印象深かった。美田園駅が…。

WOWOW鑑賞後のトーク聞いてたら、東出さんが、フランス人の記者に、日本の男性は、本当にあんなことであんなに怒るのか?と質問されたとか。フランスではそんな事は日常茶飯事らしい笑

ネコがホントに可愛かった。
いやぁ、遅ればせながら、素晴らしい作品に出会えました。

麦の存在。めちゃリアルです。
男女関わらず、誰しも麦的な人心の奥、めっちゃ奥の方に大切におるのではないでしょうか?

後半は、胸騒ぎが収まらぬまま、エンドクレジットに突入しました。
あたおかすぎて無理でした
hina

hinaの感想・評価

4.0
普段こういう映画見ないけど、メンヘラすぎて面白かった
関西弁も面白かった
くみん

くみんの感想・評価

2.3
亮平くんってすごく優しい。
あと、ネコちゃんがカワイイー♪
ゆるり

ゆるりの感想・評価

3.3
関西弁が気にならなければ‥、もう少しスコア高いかもしれない。

頭では例え思っていても、大人になって実際にあんな行動に移してしまう朝子は見ていて不快に思わせるし、「うん、分かってる。」と言いながらも、なんだかふわふわしていて、結局自分がどれだけ周りの人に恵まれ、その大切な人たちをいかに傷つけたかを分かっていないんだろうなとこちらが感じてしまうような女性だった。

そこが魅力というのか、なんなのか。魔性だ。
ゆう

ゆうの感想・評価

4.0
恋愛とは一種の狂気なんだなと。
すごい映画を見た感じ。万人に薦められないけれど。
麦が登場するときのBGMは最高に宇宙人っぽくてイケてた。
空恐ろしい
似た者同士
色々と絡め過ぎなのは、
色々と人生過ぎ行くってこと?
>|