寝ても覚めてもの作品情報・感想・評価

寝ても覚めても2018年製作の映画)

ASAKOⅠ&Ⅱ

上映日:2018年09月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

「寝ても覚めても」に投稿された感想・評価

hiromi

hiromiの感想・評価

3.5
ジワる。

朝子の行動に共感できず、モヤモヤイライラしてしまった。
観終わった後、帰りの車の中でtofubeats のRIVER を聴いて完結した。

もう一度観たい。
KahoTomita

KahoTomitaの感想・評価

3.8
よかった。散歩する侵略者を思い出した。独特な世界観とトーフビーツ。
あさちゃんは最低だけど、ラストはあれでいい。
カジノ

カジノの感想・評価

3.6
美しい映像と音楽、すごい良かった
ずっと夢見てるみたいな感覚で、ラストシーンからのRIVERに全部持ってかれた
朝子ちゃん役の人、素でこういう人なんかと思えるくらいふわふわしててハマってたと思う、かわいかった
ただ、こういう話の関西弁てなんかわからんけど冷めちゃうんよな、すごい安っぽく見えちゃう気がする、自分も関西弁話者だが、、だからこそなんかな?
ユウト

ユウトの感想・評価

3.5
気持ちがかき乱されて、どうしても男目線、自分目線で観るとどうしても麦の行いが興醒めでそんな麦に振り回されていり朝子にもなんだかなぁ〜と思ってしまう。
東出昌大の1人2役は最高でした。


『2019.13作目』
umaso

umasoの感想・評価

3.0
東出昌大かっこいいけど、演技うざい

惹かれた理由が元彼に似てるからっていうのが、なにが問題なのかさっぱりわかんない。

タイトルが何よりも良かった

猫かわいい

東出昌大、ばくみたいな狂気じみた役は割とぴったりかもしれない
突然失踪した元カレを引きずってるヒロインが瓜二つの別人に恋に落ちるラブストーリー。不安定で不穏な物語とtofubeatsの浮遊感ある音楽がマッチしていた。どことなく黒沢清感があったのは脚本で納得した。
MIAKO

MIAKOの感想・評価

4.0
理屈じゃない。
candy

candyの感想・評価

3.3
夢なのか、現実なのか…

感情に素直すぎる朝子。あれだけ奔放に行動できることがうらやましくもあり、痛々しくもあり。

朝子と麦の非現実的な世界。
好きだという気持ちはコントロールできない。どんなに頭ではわかっていても。
それを乗り越えて、心から好きだと思った亮平を裏切るのは全く理解できないけれど。
亮平やハルヨ、岡崎、マヤ、クッシーや東日本大地震の現実的な世界との交錯が、朝子の不安定さを際立たせる。

亮平と朝子は、幸せになれるのだろうか。違う風景を見る二人の気持ちは、ふたたび交わるのだろうか。

tofubeatsの音楽と画の雰囲気はよかったが、思い込みで一直線、周りを振り回す朝子なので、全然、"大人"の恋愛映画ではなかった。
mii

miiの感想・評価

3.6
とりあえず汚い言葉を使うと、
は??何このくそ女。
.
いやぁ、よくもまぁ、その自分の利己的な考えて突き進めるものだ…
そういう人間が嫌いだから、朝子に何の理解も出来なかった
.
朝子が嫌いなだけで
作品は思ったより好き
何より撮り方とても好き
最後の土手を追いかけるところ特に
.
とりあえず、春代が一番いい女
>|