寝ても覚めてもの作品情報・感想・評価

寝ても覚めても2018年製作の映画)

ASAKOⅠ&Ⅱ

上映日:2018年09月01日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

「寝ても覚めても」に投稿された感想・評価

悠

悠の感想・評価

3.9
【愛に逆らえない。】



ASAKO I&II
SDROCK

SDROCKの感想・評価

3.8
麦のウィッグもうちょっとどうにかならなかったのか
エムズ

エムズの感想・評価

3.5
感情や思いと行動は別なのかな
良かった
ぽなを

ぽなをの感想・評価

3.8
悲しい、、東出さん、サイコパス、、、
saokiikoas

saokiikoasの感想・評価

4.5
俺は大阪にも東京にも北海道にも住んだことがある。
「今までの方が、全部長い夢だった気がする。すごく、幸せな夢だった。成長したような気でいた。でも、目が覚めて、私。何にも変わっていなかった」

えーすっごい。割とこの映画支持派。積み重ねていく人間関係や信頼でも、どうでもよくなってしまうほどの「彼に会いたい」という気持ち。スマホを投げ捨てるシーンのカタルシス。
ほんと、1年で1回くらい、どうでもよくなってしまうような衝動に駆られること、ある気がする。

朝子みたいな存在、自分の近くにいたらムッチャ嫌だけど、
でも映画で見るならいいよなぁ、というかこういう人と出会えるから映画っていいよね。

唐田えりか、ムッチャタイプでした…。
いつみ

いつみの感想・評価

4.4
まったく共感できないし、朝子は一番無理なタイプだけど、見れば見るほど本当に凄い映画。え?っていう演出が、違和感なくサラっと繋がって、点と点が重なって波みたいに押し寄せて、気付いたらもうどこにも戻れない感じ。朝子の色味のない顔とか目とか、バクの存在とか、現実にありえるかもしれない、人間味のない人間味が恐ろしい。走るシーン凄かった。わたしの足りない理解力を補ってくれたtofubeatsありがとう。
ヒロ

ヒロの感想・評価

4.0
あらすじ:昔付き合っていた彼氏が急に消えて、上京した後に全く同じ顔の男が現れて朝子の心情を揺るがす。
この映画の面白いのは後半の予想外な展開と朝子の演技力。
朝子の心情が行動にわかりやく表現されていて、それらのほとんどは共感できない。
こんなにも共感できないのに入り込める映画はそうそう無い。
Rino

Rinoの感想・評価

3.1
一瞬の感情の迷いが取り返しのつかないことになる。麦がこわい。朝子には苛々する。亮平さんは魅力的です。
>|