寝ても覚めてもの作品情報・感想・評価

上映館(1館)

寝ても覚めても2018年製作の映画)

ASAKOⅠ&Ⅱ

上映日:2018年09月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

「寝ても覚めても」に投稿された感想・評価

Q9Q9Q6

Q9Q9Q6の感想・評価

3.0
原作未読の予備知識ゼロで鑑賞。マジでそんなわけあるかい!の冒頭の出逢いのシーンや、もはやホラーとも感じた麦との再会など、全てが予想外の展開でいろんな意味で印象に残る作品でした。

※トークショーにて監督はホラー映画と言われるのは心外だと仰っていたけど、いや〜麦は完全ホラーでしょ〜。
Aka

Akaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

最近ハマっているtofubeatsがいい仕事をしてると聞いたので鑑賞。めちゃくちゃいい仕事してるよ最高だよありがとうございました。
結構批判が多いみたいですが私は忘れられない映画になりました。でも確かにもう一度は決して見たくはならない、あの裏切りの苦しさは感じたくない。

いろいろ考えさせられてしまったので、感想というよりは感じたことのメモになってます。↓


主人公のあの裏切りに共感できない人は多いだろうけど、少なくとも私は同じような立場で考えることができた。彼女を責めることはできないと感じた。
今、凄く大切な恋人、今までの人間関係、全部捨ててこの人と生きたいと思えるような人が、麦のような人が私にはいるだろうか?かつて大好きだったあの人なら、もし迎えにこられたら迷ってしまうかもしれない…いや来ないし行かないか…?
とかいろいろ考えたけれど、そんな人がいるのって幸せな気がして。だからずるいんですよね。
なんでか分からないけど、その存在がずっと忘れられない存在が、小さな自信になっていたりする。少なくとも私は。
どこかで見た「過去の好きな人が忘れられないのはその人を好きだった自分が好きだから」。自分を否定するなんてなかなかできることじゃないですよね。まさにそれなのかな。主人公が麦と再開した瞬間、かつての自身に戻ってしまってる気がするんです。自由で、奔放でいられた、2人の世界、みたいなもの。

恋愛はたしかに夢を見るのと似ているかも。夢のように自分を投げ出して、ハッと我にかえるような、恋愛ってそんな感じだったりするんだよなって改めて思いました。
でもそれは誰にも分からなくていい、批判されてもいい、2人で分かち合えれば。

とかいいつつ、自分と顔がそっくりな人を選ばれたりしたら、やっぱり私も怒り狂うと思います。本当に「1番やってはいけない最低な方法」で裏切ってますもんね。
レストランで2人が睨み合うシーンは印象に残りました。


何はともあれ、最終的に全てはあのラストシーンと、あとはtofubeatsのRIVERに詰まっていると私は思います。繰り返しますが、恋愛なんて人が理解できるものじゃないというのが自論です。想像し得ないもの。だから素晴らしくて面白くて最低で悲しくて嬉しいんだよなぁ。
共感されないこともある、それが映画で許されるのかはともかく。

いろいろ書いてしまって、これ恋人とかにいつか見られたら恥ずかしいな。
今大切にしてくれる大切なひとを大切にします!
よし

よしの感想・評価

4.4
まるで自分の内側を見つめているように僕には見えた唐田さんのまなざし。
ここにはないものをまっすぐ見ていたのだろうか。

自分にとって特別な人ってなんだろう。
望むと望まざるとにかかわらず、たった一人選んでしまう特別な人。

これは本物、とかこれは偽物、なんて決めてしまったら苦しい時もある。他人からはそもそもとやかく言われたくないけども、自分でだって、決めてどうなるって思ったりするよ。でも決めてしまうんだ。それは仕方がない。
言葉にできないし、したくない気がする。だからやーめ!

最近まんぷく見てたらなんかなぜか急に好きになってきた瀬戸康史とか、渡辺大知の見たことない演技とか、やっぱり良いキャラしてる伊藤沙莉とか、一人二役をしっかりやりきった東出くんの名演とか。
画面の雰囲気が良くて、なんだろう、徹底して日常みたいな何気なさに理由のわからない涙を流したり。悲しいことってどこにでもある。
後半狂気ですらあったけど、なかなか好きだった。

唐田えりかが演じる、純粋過ぎるが故にやばい朝子を「タイプだ」と思ってしまった自分も、かなりやばいのかもしれないと悟った。
miho

mihoの感想・評価

4.0
ひえー。おもしろかった。
だ

だの感想・評価

4.0
こんなことされたら人間不信になるな、、、唐田えりかのなんとも言えないさえないキャラクターの演技すごいよかった 東出くんは相変わらずサイコパスっぽいキャラの演技ピカイチ
これで安易に元サヤに収まったら本当にクソと思うところだったけど、東出烈火の怒りで怒鳴り散らしててグッジョブでした。
東北の平川さんの「おめぇはバカだー、許されるわけねぇー」みたいなの、まじで私の心の代弁者でスッとしました。女からの連絡きたスマホをポイするとこで気がつけよな〜

三浦しをんのきみはポラリスにでも収録されてそう。赦せない赦されないけど離れない、ひとつの出来事によってもう因果みたいにがっちり結ばれてしまって。愛にはいろんな形があるらしいですけど、ほんとしんどそうな愛。これからずっとしんどそう。

食器洗い中におもむろにプロポーズされて、泡だらけの手で抱きしめられてぇ〜
(むしろ丸子くんからしたら顔が元彼に似てたばっかりにやべえメンヘラ女とズブズブになってしまったというとんだ災難な人生なのでは)

19-17
私には合わなかった。
バクの東出くんの死にそうな目と雰囲気は、今まで観たことない東出くんで良かった。
ガッサガサの声のあの女優の子が出ると締まるし安定するけど、東出くんと主人公の女の子2人になると、私の頭の中は不協和音でクラクラだった。
何やってやがんだ!パチーン!
だったけど、分からんでもないし、そういう行動が衝動的に、出るか出ないかの人に分かれるんじゃないかな、と思ったが、しかし…。
うぉーい!!!!ってツッコミ入れたし、引いた。
自分の気持ち全開、全力疾走で、もっと他の人の気持ち考えましょうよ、はぁとため息する感じでした。
やっぱり、ハンマーで頭叩かれるくらい変態なんじゃないと合わない。
エミ

エミの感想・評価

2.3
個人的に主人公の女の生き方が嫌いすぎて低評価。共感もできず、学びもあまり得られず、、、学びとしてはこういう人にはなりたくない、信頼を一度失うと取り戻せないことですね。一言で言うなら「恋は盲目」周りが見えてない女子におススメです。
す

すの感想・評価

3.8
夢と現実がよくわからず、全体的に夢みたいな話だった。ずっとあまり主張をしなかった彼女の最後の方は必見。
>|