寝ても覚めてもの作品情報・感想・評価・動画配信

寝ても覚めても2018年製作の映画)

ASAKOⅠ&Ⅱ

上映日:2018年09月01日

製作国:

上映時間:119分

3.5

あらすじ

「寝ても覚めても」に投稿された感想・評価

ざき

ざきの感想・評価

5.0
めちゃよかった。言語化はあとで。とりあえず主題歌のtofubeatsの曲はもともと知ってたが、この映画にピッタリすぎた。歌詞が染みわたってエンドロールを眺めたのは初めてかな。こういう人間くさい映画大好き。平成最後の日をこの映画で締めくくった。
唐田えりかのももどかしくてイライラする感じの女の子役が上手い。というか元々そういう方なのか...?1人2役を丁重に演じる東出昌大からはサイコパスみを感じた。
shin

shinの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

小説も読んだけど、朝子があそこで引き返して亮平君の元に戻ったのは凄いことだと思う。

亮平君目線だと、向き合わなきゃいけないのは、朝子がいなくなったことでも、したことでもなくて、きっと自分自身。
朝子のことが好きだという気持ちと、元彼に消せないコンプレックスを抱えていること。

そこを間違えて相手のせいにしていると、また大事な人を失ってしまう気がする。
たろ

たろの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

なんかちょいちょい画面が黒沢っぽい気がした。他の映画だとあんまり思わなかったけどやっぱり師匠なんだな

いきなり劇を批判するシーン好き過ぎる。やっぱりこういう微妙に険悪な人間関係はうまいな

地震の使い方がものすごくうまい。地震=花火か
これからコロナもこんな感じで映画で描かれるようになるのだろうか

ドア開けたらいるの強過ぎる。妄想かと思ったけどこれ現実なのか
その後の逃避行もかなり好きだけど、そのオチだけあんま納得できなかったな。寝て目が覚めたってこと?
朝子の逃避行を批判してる人は恋というものを理解できてない気がする

バスの中でライトに照らされる顔すごく好き

追いかけっこするところの遠景は流石にCGなんだろうか?リアルだとしたらどんだけ待ったのか気になる

オチでエンケンの『待ちすぎた僕はとても疲れてしまった』を思い出す

こういう映画には基本弱いのでボロ泣きです


何故かU-NEXTの星がパロ映画ばりに低いんだけどなんで?
Yuka

Yukaの感想・評価

3.0
朝子の行動が怖いというか、もはや気持ち悪かった。
声のトーンも変わらなくて感情が読み取りづらい話し方、表情も豊かじゃないところが不気味に感じてぞわぞわした。

突然いなくなった最愛の人が、再び目の前に現れたら気持ちが揺らぐのかもしれない。でも、東出が演じる麦の感じがいけすかなくて何がそんなに魅力的なのって思ってしまった(笑)

最後のtofubeatsで上手くまとまった感ある。一気に後味良くなった
ぽよ

ぽよの感想・評価

3.2
あぁ、としか思えなかった
Bell

Bellの感想・評価

5.0
久しぶりに一気に見ちゃった。

すごくすごく好きな人がパッと消えちゃって、訳が分からなくて、そしたら瓜二つの男の人が現れて。すごく心が揺り動かされるよねって思って観てた。

きっと世の中きれいな恋愛ばかりじゃなくて、周りがどうでも良いと思えるくらいに誰かを想って過ちを犯して。
それくらい熱くて泥臭い感情を抱えてるのって、すごく「人」って感じがしてそんな悪くないのかもしれない。それで誰かを傷付けたり傷付いたりすることもきっとあるし、それが怖くて自分を出すことを躊躇ってしまうけど、それは少し生きづらい。もっともっと夢中になってしまえ!
蓮月

蓮月の感想・評価

3.3
私も手を取ってしまうかもしれない、でもやっぱりあそこまで衝動的になれるのって凄い
恋愛映画というよりはホラーだったずっとこわかった
mi

miの感想・評価

3.6
登場人物らになかなか感情移入することが難しくて全編乗り切れない感はあった。好きになるタイミングとか理由が納得出来なかったが、麦を選んだ理由だけは何となく分かった。好きな相手のどこが好きなのか外見と内面の境目はどこなのか。役者陣のいい意味での気持ち悪さとか多面性などがとても良かった。
Kaoru

Kaoruの感想・評価

3.8
ひとつひとつのショットの綺麗さと不穏さがストライクだなぁ
大根感が図太さを引き立ててるのがまた好きな感じよ
浅き夢みじのふわふわ感
これはリアルぅ
映画はとても面白い
>|