寝ても覚めてもの作品情報・感想・評価

寝ても覚めても2018年製作の映画)

ASAKOⅠ&Ⅱ

上映日:2018年09月01日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

「寝ても覚めても」に投稿された感想・評価

Kana

Kanaの感想・評価

3.0
運命とか奇跡とか夢みたいな現実だとか、繭玉に綺麗に包まれたラブストーリーの裏側の物語。
いかにもクズらしくてクズな人よりも、まともそうに見えてクズな人間の方がよっぽどタチが悪い。
終わり方に全然納得がいかないです…
綺麗な曲でごまかして狡い…
でもこうやって狡い女が結局、周りを傷つけて引っ掻き回しておきながら自分だけは図太く生きていくんだろうな。
そして狡い女に引っ搔き回される男もまた、再起不能になったように見えて、意外としぶとく都合よく運命を書き換えて別の誰かに帰省して生き残るんだろうな。
それにしてもこの手の心をざわつかせるBGMをどこかで聞いたことがあるなぁ。
そして本題とは直接関係ないけれど、あの災害のとき、きずなきずなってみんなが口を揃えて言っていて、それは何一つ間違いではなかったけれど。
願いや祈りみたいな人の強い想いは、捉え方によっては呪いやしがらみにも感じてしまうんじゃないかと、心の端で感じていた。
原作の題名は良くできているけれど、洋題がAsako1&2というのがちょっとツボってしまった笑
めちゃくちゃホラー
愛って怖い
chy

chyの感想・評価

3.0
EDでとてつもなく絶妙なタイミングでtofubeatsのRIVERが流れてきて痺れた。
映画全体を通してゆっくりと人の心象風景を描いているのでキレのある展開がお好みの私には少し辛い瞬間がありましたがストーリー自体は好きでした。
朝子には共感できなかったけど、勝手すぎてうーん…って思う場面もあったけど、亮平は素敵でした。途中キュンとした場面もあった♡
一生信じられないけど、
一生一緒にいる。

これって割と愛というものの真理なのかも。

共感はできなかったが、
理解はできた作品。

邦画史に残るラストシーン。

多分2度とはみないけど、
大好きだ。
nagisa

nagisaの感想・評価

3.2
映画の雰囲気は好きだけど内容は正直、朝子にもやもやしてしまった。
朝子の友達も亮平も可哀想
自分だったらと置き換えると余計に苦しい、、、
だけどリアルさがあって凄く良かった。

キャストも演技派が揃ってるしtofubeatsの曲がナイス
女子は運命的な恋が好きだ。昔の野郎を美化して偶像化するのも大好きだ。これは、納得できない、共感できない、受け入れられない、そんなムカつく気持ちを増幅させてくれる素晴らしい作品だ。

ゲス黒い女子が同じ顔をした2人の野郎の間で揺れ動く。周囲を巻き込み、何もなかったように猫を抱く。可愛いが、何を考えているのかわからない。このような女子を魔性と呼ぶのだろうか。こんなのは学校の授業でも教えてはくれなかった。このイカレ女がっ、バッキャローッ!

唐田えりかがイカレ女を演じる。苦手な食べ物はニンジンだ。観る者をムカつかせ、ざわつかせる演技は流石だ。東出昌大が東出1号、2号を巧みに演じ分ける。伊藤沙莉の自然なオバハンぶりに唸る。関西弁爆弾を投下する。猫のジンタンの抑えた演技も素晴らしい。

サスペンスな展開にイラドキする。ラストのスリリングな展開に胸糞感が襲いかかってくる。ちっ、これは、寝ても覚めても、寝覚めの悪い作品だ。
渡辺大知さんはとても器用
>|