サンキュー・スモーキングの作品情報・感想・評価

「サンキュー・スモーキング」に投稿された感想・評価

喫煙者目線で観賞。
小気味良い展開で飽きずに見られる。
息子のジョーイが良い仕事してくれるわ。
自分で判断する力ね。俺も息子に伝えようっと‼️
平日の夜に見るには最高!
タバコ業界のロビイストの話。登場人物が程よくコメディ保ってて、嫌味がなく、気持ちよく安心して見てられます。
「女神の見えざる手」とは全然違うけど、ロビイストって職業に興味がわきます。あと、あの能力に少し嫉妬する。
おね

おねの感想・評価

-
キャスティング最高。
ケイティ・ホームズがセクシーかどうかはわからないけど。
MADな3人組いいよね。
自分の業界が一番悪い的な張り合いね。
いちこ

いちこの感想・評価

4.0
今まで観た映画の中で1、2を争う神パパ映画だった。子供にとって父親は文字通り神なんだよな...
タバコの主張が行き着く先も良かった。一つ一つのテーマにちゃんと答えを出してて、この映画は偉い。
まきこ

まきこの感想・評価

3.2
こんなに頭が切れたら人生楽しいだろうなあ

ライアーライアーみたいな感じ
私はライアーライアーみたいなもっとコメディ味が強い方が好きでした


2019年 66本目
物事って見る角度を変えると変わるじゃん?ってのを教えてくれる映画

タバコは健康に悪いってのは分かるけど他にも食べ過ぎると体に良くない物ってあるよね?それと何が違うの?って感じ
これは面白かった!!
「女神の見えざる手」のコメディ版、または社会派コメディ?

A・エッカート演じるタバコ擁護団体のロビィスト、ニックはとにかく口が上手い!!
嫌われて上等って態度が気持ちいいです。
ただし嘘はついていないし、本当のことは知っている。
ロビィストの仕事についてもわかる作品。

銃器産業、アルコール産業の広報担当との飲み会が笑えたぁ!!
アルコール・タバコ・銃の3大害悪の広報がテーブルを囲み、どれだけ社会に害を与えているかを話し合う。
あのブラックさがいいです。

でもニックは唯一自分のことを尊敬してくれる息子に対しては正直者。
根っからの悪人じゃないんですね。
タバコ会社の広報として巧みな話術でタバコの無害性を訴える主人公。様々な案件を処理してゆくが・・・。シニカルな笑いもある社会派エンタメ映画。

とにかく人を説得したり、討論や演説をするシーンが好きなので、相手を言葉で煙に巻くことを趣旨としたこの映画はドンピシャでした。
世の禁煙化が進むなか、タバコの宣伝と言えば映画での喫煙シーン程度になった昨今では吸う吸わないは自己責任の時代。「タバコは吸うべきだ」という立場の宣伝マンでありながら、主人公がその結論に辿り着くまでのプロセスには見せられる。
本作は『ゴーストバスターズ』や『エボリューション』などで知られるアイヴァン・ライトマン監督の息子ジェイソン・ライトマンの監督デビュー作。
デビュー作とは思えないほどクールでスタイリッシュで堂々としたストーリーテリングは、父親にまったく引けをとらないどころか、上を行ってるかも知れない(笑)
WOWOW 録画 発掘良品

ロビイストの父親としての生き方が強い印象。タバコの風当たりの厳しさを、自分で決める、自由、にすり替えられた気分だ。ロビイストと会社の上司は、どっちが擁護されているか、味のある関係性で、いいセッションでした。タバコのパッケージにドクロマークはやりすぎだけど、俺たちに恥はない、と思ってしまった。
諒

諒の感想・評価

3.0
風刺コメディが合わないのか面白さが伝わって来なかった。
分かりやすい笑いではなかったのかな。
>|