望郷の作品情報・感想・評価

望郷2017年製作の映画)

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:112分

3.6

あらすじ

古いしきたりを重んじる家庭に育った夢都子(貫地谷しほり)は、故郷に縛られ生活をしていた。彼女は幼いころから本土にある“ドリームランド”が自由の象徴であったが、それは祖母や母(木村多江)の間で決して叶わない“自由”であった。月日は流れ結婚をし、幸せな家庭を築く中、ドリームランドが今年で閉園になる話しを耳にする。憧れの場所がなくなる前に、彼女がずっと思い続けてきた事を語り始める―。一方、本土から転任…

古いしきたりを重んじる家庭に育った夢都子(貫地谷しほり)は、故郷に縛られ生活をしていた。彼女は幼いころから本土にある“ドリームランド”が自由の象徴であったが、それは祖母や母(木村多江)の間で決して叶わない“自由”であった。月日は流れ結婚をし、幸せな家庭を築く中、ドリームランドが今年で閉園になる話しを耳にする。憧れの場所がなくなる前に、彼女がずっと思い続けてきた事を語り始める―。一方、本土から転任の為9年ぶりに故郷に戻った航(大東駿介)のもとには、ある日、父(緒形直人)の教え子と名乗る畑野が訪問してくる。彼は、航が知らなかった父の姿を語り出し、本当の父親を誤解していた事を知る事となるが―。ある島で起こる、ふたつの親子の過去と未来をつなぐ感動の物語。

「望郷」に投稿された感想・評価

Solaris8

Solaris8の感想・評価

4.0
10/1 新宿武蔵野館で望郷を観た。瀬戸内の小さな島で産まれた二人の幼なじみの、それぞれの親子の物語で「夢の国」では姑に縛られた母と娘の確執からの絆の再生を描き、「光の航路」では、船の進水式をきっかけに確執が生まれた父の本当の意志を辿り、その意志を息子が受け継ぐ。

二人の幼なじみは小学生の時に別々の思いで白綱山の五百羅漢に十字架を探しに来ていたのだが、大人になってから、同じ想いで、再び白綱山から瀬戸内の海を眺める事になる。海に囲まれた小さな島の別々の家族の物語を白綱山が紡ぐが、二つの物語は、一つの物語として平仄が取れている。

船の進水式で青空の下、沢山の人に見守られて、勢い良く海に船出するシーンと白綱山から見る瀬戸内海の海と山が印象に残った。

自分は登山が趣味だが、故郷の富山は海の傍に山が在り、山に登ると、必ず海や能登半島が何処にあるかを探す。故郷の山から遠くの海を眺めていると過去の想い出が甦る事があるが、望郷とは、時間を遡って、自分と向き合う事なのかもしれない。

父の恩は山より高く、母の恩は海より深いと云うが子供の事を見守っていない親は居ない。その事に気付いて、思いを寄せて向き合えるようになるには、二人の主人公の様な年齢になるまで、少々、時間が必要なのだと思う。
maaaai

maaaaiの感想・評価

5.0
湊かなえさんの出身地でもありロケ地となった因島での鑑賞。

上映後の舞台挨拶で監督、貫地谷さん、大東くんの3人から実際に撮影時の話を聞き、それをふまえて改めてまた見たいなと思った。

とりあえず、大好きな大東くんがほんとに目の前で見れたので、☆5つ!!!!!!!
レンタルしにいって、めちゃくちゃ気になったので借りてみた一枚。
湊かなえさん原作ミステリーを映画化。
なんだろね。
絶対大小関わらず、人は育ててもらった親の影響を必ず受けてる。
遺伝子ではない思考回路や生活習慣、それに対して思う自分の気持ち、プラスでもマイナスでも、それが親や家族から受け入れてもらえなかったら…、ずーっとそれを引きずり、ずーっとその基準で生きてしまい、それのおかげで、なにかが歪んでいってしまう。
影響は家族からかもしれないけど、結局、それを癒してあやしてあげれるのは、自分が"自分"を放棄したときに、全てを包み込んでくれる人が現れた時と、その後の自分でしかない。
それを越えた時、初めて"自立"ができ、初めてまっさらな"自分"の感覚がわかるのかもしれない。
jinko

jinkoの感想・評価

-
DVD鑑賞
湊かなえの原作なのに感動作。あ、この本読んでないかも・・・と思いながら鑑賞。親子の話だから残らなかったのかな?
kura

kuraの感想・評価

3.0
二つのストーリーがあるが、大東駿介さんの方が自分には刺さった
記録
架空の島が舞台。母親と疎遠になった貫地谷しほりと生徒が苛めに遭いそれに苦悩する大東俊介。
この二つの話が元となっており、特に大東俊介のパートは泣けてしまった。自分も苛めを経験しているかもしれないが、このパートはよかった。
この映画は中々出来ていたのでオススメです。自分もベストに挙げてしまった。
み

みの感想・評価

3.5
ミステリーだとおもって覚悟して観たら、いい話だった
りお

りおの感想・評価

2.0
湊かなえの短編集の実写作品。原作は未読。
マイナーな映画館で上映されてたので危うく見逃す所だった。
湊かなえ作品じゃなかったら観て後悔しそうな内容。
湊さんの作品はマゾな気分の時じゃないと受け付けないんですが、この日はそういう気分じゃなかったみたいで鑑賞後しばらく落ち込んだ。
湊かなえ節炸裂してましたね。
登場人物が不幸になっていく過程の毎回どうしてこうなるの感。
前世でこの人何やらかしたのかしらと思わずにはいられない。
人って他人からみたらしょうもないことに縛られたり傷ついたりしてるんだよね。
二本立てとは知らずに見始めた為、冒頭で登場した大東駿介君の出番がないことが気になっていましたが、二つのストーリーの繋ぎ方が絶妙でした。
AkariMas

AkariMasの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

船の沈水式を人間の誕生と重ね合わせて主人公の名前の由来を語るシーンがとても感動的だった。
しょうもない事で死にたくなるようなこともあるけど、自分を大切にしようと思えるいい映画だった。
>|