ゆず

さよならの朝に約束の花をかざろうのゆずのネタバレレビュー・内容・結末

2.0

このレビューはネタバレを含みます

映画観賞会で友人のチョイスとして観ました。
なんか…感動するっちゃするけど…という感じ。特に面白くはない(ごめんなさい…)
レオンを多量の水で薄めて濃度0.01%にしたみたいな話です。

まず設定が、そこ必要ある?みたいなのが多い。

あとエリアル(息子)が意味わからん。よくわからん信念で母親と敵対するかもしれない軍に居続けて知らんうちに女子供作ってて…マジでどうした????脳みそのどこかのネジ欠如してる?
しかもエリアルがマキアを女として意識してるっぽい描写も無理すぎ。このシーン絶対いらなかったでしょ。何狙い?育ててくれた母親代わりのロリ美少女をいつのまにか意識し始めて…って、エロ同人誌じゃないんだから…そういうコンセプトならいいけど、親子愛を描こうとしてのこれはいかんやろ…

というかそもそも、主人公一族に「ロリショタっぽい見た目」設定必要あった?
母親があまりにも少女すぎて全然感情移入できない…
見た目は幼くても長命だから賢明で悟った人格のはずなのに見た目通りの子供っぽさ…二次創作でよく見るママ(幼女)を描きたかったのか?と聞きたいレベル…
他にもドラゴンとか戦争とか、設定盛りすぎ。

「また新たな別れに出会いに行く」
あ、そう…ふーん…
どうせならエリアルをたった一人無償の愛を注いだ人として終わらせて欲しかったな…
人生出会いと別れの繰り返しですもんね…分かってるんですよ、でも親子愛をその繰り返しに組み込む必要あった?
あっ、そんなあっさり新たな出会いに向かうんだ…ふーん…いや、いいんだけどね…

長々とすみません。
あまりにもつまらなくてびっくりしたので語りすぎてしまいました…
これ見るならレオンを見たほうが絶対にいい。
なんでこんなに高評価多いんだ…?