ゆうなてぃ

さよならの朝に約束の花をかざろうのゆうなてぃのレビュー・感想・評価

4.1
公開当時からずっと見たいと思っていたんですが、なかなかタイミングが合わず見れないでいた今作を、やっとこさ見ることができました。

簡潔に、めちゃめちゃいい話です。
だけど、泣ける!と期待しすぎてたからか、泣けはしなかったです。笑

数百年の寿命をもつ一族の少女と、その少女が助けた赤ちゃんが大人になり、そして死ぬまでの、長い話を約2時間という短い時間の中に、みっちりと詰め込まれた話でした。


人間というのは、長寿になりたい、長生きしたい死にたくない、美しいまま変わらない見た目で生きていたい
そう願うものですが、この映画を見ていると、果たしてその願望は本当に幸せなことなのか?と思わずにはいられなくなります。

なによりも、自分が愛した人々が自分より先に亡くなってしまう寂しさを、どうやって乗り越えていくかが、この映画のラストにつながると思うのですが…

もうラストにかけて怒涛の感動ラッシュ。
これはずるいわ〜感動しないわけないわ〜と言わんばかりに、ごりごりに心に訴えかけてきます。

母親の愛というのは、血の繋がりなんて関係ないんだ。
それを改めて気づかされたというか、もうラストがずるいんです。
涙腺弱い人なら号泣必須ですよ。


あまり知名度がない今作ですが、なぜ有名にならないのか不思議なほど映像も綺麗ですし、音楽も世界観も素晴らしいので、見ていない方は是非見て欲しいなと思います。