ダンケルク 史上最大の撤退作戦・奇跡の10日間の作品情報・感想・評価

「ダンケルク 史上最大の撤退作戦・奇跡の10日間」に投稿された感想・評価

ケンC

ケンCの感想・評価

3.0
騙された人は挙手
記憶が…
映画ダンケルクの復習になった。
カンバーバッチ全然出てこん!
関本

関本の感想・評価

4.0
安定のBBCドキュメンタリー60分×3本立て。映画だと思って観ると肩すかし食らうので注意。

ノーラン版及び「チャーチル」を見る前に見ておけば良い予習になると思います!
ダンケルクに追い詰められ決死の撤退を進める英国軍の絶望を資料映像を交えてひたすらに垂れ流す。ラストの胸熱演説は前2者の映画でも使われた名演説。

軍が準レギュラーのBBCだけあって戦闘シーンや爆破はなかなかの緊迫感。この辺は同じ公共放送とは思えない低クオリティ番組だらけのNHKに爪の垢を煎じて飲ませたい…

是非サンナゼール特攻の特集も作って欲しい
水曜日

水曜日の感想・評価

2.5
BBC制作のダンケルクの「時系列クライシス」。これは映画ではなく、テレビドラマ3本まとめた作品。

1940年当時の着色動画と、イギリス俳優陣の熱演が嬉しい作品だった。ノーラン監督の『ダンケルク』の無機質な感じはなく、兵士たちの、「我々は、ここを死守します!」という心意気が観られる。

ハッキリとした熱いセリフから場面を想像できてしまうので、他の作業をしてても大丈夫。英語苦手な方でもなんとなく分かると思うので、スピードラーニング用に、中古ワゴンセールで売っていたらお奨めしたい。

でもカンバーバッチには、トミーヘル(英軍型おナベヘルメット)は似合わない。顔が大部分を占めてて保護する部分が少なすぎる。彼がWW2前に生まれなくて良かった!
連合軍はドイツとの国境にマジノ要塞がありその南にはアルデンヌの森、戦車は通れ無いと甘く見ていた為にドイツのロンメルの機甲師団がアルデンヌの森を突破して連合軍を挟み撃ちに成功してダンケルクに追い詰めた、ドイツは大勝利に気が緩んで掃討作戦を空軍にまかせた、もし掃討作戦に機甲師団を投入していたら連合軍は壊滅していたと言うのが一般的な意見、
事実上ドイツの敗北で、イギリスでは大いに士気を高めた。撤退した兵士が
ノルマンディーでリベンジした。
ダンケルクていっぱい作品あるのねw
話題になっているやつじゃないやつかこれ…
まあ、とにかく言葉にならない絶望感…ダンケルクの撤退作戦は知らなかった…
ドキュメント映画風だからやたらリアルで、生半可な感想は恐れ多くて…
戦争やはり最悪…
英・仏連合軍40万人の救出に挑んだ実話・・・知らなかった。
koo0730

koo0730の感想・評価

3.4
スーパー金のかかったプロパカンダ映画に感じた。映像、音響全て凄まじい。凄まじいスペックが向かう先の話が…うーむ、そんな英雄譚だけでいいの?
TDS

TDSの感想・評価

3.2
映画というか1話60分×3話のドラマ

メインビジュアルにベネ様がデカデカと描かれているが、ベネ様が出るのは3話目

ノーラン監督版「ダンケルク」とゲイリー・オールドマンの「ウィンストン・チャーチル」を観ていたので、状況とストーリーがすんなりと入ってきて、その2作では知れなかった部分も知ることができて勉強になった
>|