ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!の作品情報・感想・評価

「ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!」に投稿された感想・評価

紛争中のサラエボでネイビーシールズの荒くれ者チームが、海底に眠るナチスの金塊奪還作戦を決行するアクション。

リュック・ベッソンが製作・脚本を手がけた作品。

たまには理屈より筋力でねじ伏せるようなアクションをと思って鑑賞したのですが、思っていたのとは違った。
冒頭の戦車で暴れるところまでは良かったんですが、海底ではリュック・ベッソンの良さも半減。個性死んじゃう。
海中が暗すぎるのとブクブクで何やってるのかよくわからんかった。

そんな中J・K・シモンズの存在感が光っていた。その頭皮とともに。
厳しくも部下思いな理想の上司でした。

“博愛主義者はこうでないとな だろ?”

終わり方が男気溢れる気持ちのいい終わり方でした。
ザキ

ザキの感想・評価

3.4
いいチームだな
歩

歩の感想・評価

2.5
休暇を利用してナチの金塊を取りに行く

あり?どっかで聞いたような…

ド派手にやろうぜって言う割に意外と大人しめ、アクションのピークはオープニング、トレジャーハント物としてもイマイチ

ドンパチ期待してる人には物足りないと思う

近年は自己批判的な作品が多い中で、2017年公開のこの作品は清々しい程、米軍は正義の味方!感が溢れてる、これも偉大なアメリカをもう一度っていう空気の現れなのかも
敦成

敦成の感想・評価

3.1
物足りなさ
少将すき
記録🐰
最初の戦車で暴走するの派手でテンションあがる楽しいて感じだったけど本題の金塊盗むパート全然面白くなくてびっくりした。二重幅広い人がかっこよかった。

このレビューはネタバレを含みます

タイトル通り 奪還ものなので そう悲愴感はなく、ざっくりした流れ的に解釈するとおもしろく観られる作品。
交戦シーンが少な目、あっけなくやっつけてしまうところは少し物足りない。
ド派手感はあまりなく、コンパクトにまとめられた感じがする。
J・K・シモンズがいい。
つ ま ら ん。

宣伝と映画の中身自体が乖離しすぎています。ここまで盛り上がりのない映画は久しぶりでした。映画館行かんでよかった。
あり得なさすぎる設定。。。。。
全然ド派手じゃないし。。。
最初だけ派手やったな
>|