ヴィクトリア女王 最期の秘密の作品情報・感想・評価

「ヴィクトリア女王 最期の秘密」に投稿された感想・評価

森の中

森の中の感想・評価

2.8
ジュディ・デンチのヴィクトリア女王が良かった。朝起きてからの気怠げな着替え、早食い、など。
いつもの代わり映えしない生活からのアブドゥルの出現。そりゃ目に光が戻りますよ。
アブドゥルは案外野心家だし、ちょっとそれどうなの?って思うこともたくさんあったけど、女王にとっては必要な存在だったんだろうな。
ムハンマドがかわいそうだった。
おぎ0

おぎ0の感想・評価

4.1
退屈な公務の連続に生気失ってる冒頭の身体表現 遠い国から来た若者に好奇心を刺激され目に光が蘇り全くの第三者の彼になら愚痴も言えるその孤独の繊細な心情表現 そして60年帝国を統治してきた威厳激怒するその怖さ ジュディ・デンチ様完璧です インドの若者役もキュートハンサムで役にぴったり その友達役の気概が心に残る とってもいい映画 
権力を持つということ、その孤独。
権力に群がる人々の人間模様。
jocx

jocxの感想・評価

4.2
とても観たくて観たら、ガッカリというケースは多々あるけど、この映画は本当に観て良かったと思う。何しろ女王をやるのはこの人と言われるジュディ・デンチ。女王の貫禄と存在感、威厳あるヴィクトリア女王を人間的にチャーミングに演じている。
この映画はジュディあっての映画であるが、この話が100年以上隠された実話であると思うと感慨無量である。なぜなら植民地の青年と交流を持ち、イスラム教徒の話に耳を傾け、周りの目も気にせず彼をムンシ(先生)と呼ぶ。81歳の大英帝国の女王がだ。とにかくこの身分を超えた交流を是非感じて欲しい。そこには身分を超えた信頼と敬意が詰まっている。インド人の聡明なアブドゥル・カリム役のアリ・ファザルもこれから活躍する予感。イギリス史や宮廷儀礼、衣装等見どころ満載。そして名優ティム・ビコット=スミスの遺作でもあるので、彼を偲んで観ると更に感慨深い。
異文化の魅力を感じたんだな
イケメン天真爛漫インド人とやさぐれおばあちゃん女王の深すぎる絆に引きまくる役人。
ラユム

ラユムの感想・評価

4.4
女王としての強さ、そしてアブドゥルと話してる時は興味津々のワクワクの目、いろんな表情を表現するジュディ・デンチがすごい。2人の関係がどこまで史実かわからないけど沁み入る作品だった。
saya

sayaの感想・評価

-
ジュディ・デンチが演じる女王がアヴドゥルに出会ってからの表情や佇まいの変化が少女のようで可愛らしい。

2人の関係性は主従関係がある中でも友情や尊敬する思いが感じられて、親子のようでもあって、生まれや育ちや隔てるものがなくすごく温かなものに感じられる。

女王とアヴドゥルの関係性がどんなに素敵なものでも、周りの人達が受け入れずに最後までアヴドゥル扱いが酷いものだったことが悲しい。
でも、時代や考え方の違いがあるのもわかるから凄くもどかしく感じた。

とても美しい映画でした。
asashika

asashikaの感想・評価

3.5
泣けるのを期待したけど泣くほどじゃなかった。
華やかな世界でみていて単純に面白いけど。
歴史に疎いわたしは、女王様ってもっと知的で思慮深い人かと思いきや。可哀想なお婆ちゃんだなぁと思った。アブドゥルかっこいい。流れに身を任せてるかんじが、受動的だけど意思はあるところ、信心深さだな〜日本人にはないところ。
常識とか知識とか思想とか、立場とか時代で全然ちがうから、伝わらないよねー。もういっそ交わらなければ軋轢もないのにねー。もしこの世界に生きていたとしたら、確実に女王とアブドゥルが頭おかしいって思うだろうな。使用人たちの方が普通だよね。
>|