R

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法のRのネタバレレビュー・内容・結末

3.1

このレビューはネタバレを含みます

子役の演技力が高かった。ディズニー要素はほぼ0。最近では少ない子供視線のドキュメンタリー風映画。

終わり方がすごく腑に落ちなくて、え?何を伝えたかったの?ってなる。ストーリーがいいことor悪いことで終わるタイプじゃないため、一瞬、呆気にとられるが、観た者それぞれが考えろということなのかもと思って、これまで観た中でもなかなかに重たい作品だなと思った。(しかもどの社会問題に対して訴えかけたいのか明確でないので、何を考えるかはその人次第)

作品の中では、雇用問題・格差問題・児童保護などなど…アメリカだけでなく日本でも身近(そう感じている人は少ないと思うが、)な問題ばかりで、すごく心が苦しくなるなと思う。
でも、男女や世代問わずみんな観るべき作品だなと思った。観て、ちゃんと考えるべき。
色々な重たい問題をいかに身近に感じさせるかとても上手く作っている。

観終わった直後よりもジワジワと感動する作品でした。


追記:サブプライムローン危機を子供の視線から描いていたらしい、と後から知りました、、
そう言われるとうーん。という感じ。