mia0708

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法のmia0708のレビュー・感想・評価

3.8
新緑が目に眩しい今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

(↑ちょっと元気になったからって調子に乗るやつ。そして新緑でもない)

私は昨日家の近くの駅にあるイオンの映画館にかねてより観たかった「フロリダ・プロジェクト」を観に行ってまいりました。

時間が中途半端だったしその前の用事がギリギリだったので挫けかけましたが何とか行けました。(その前にネットで券を購入済みにも関わらず場所が日比谷と遠かったため「ダンガル」をフイにしたという苦い過去あり)

イオンの映画館初めて行ったんだけど、新しくて綺麗でした。何だか映画グッズのショップも有り。(「孤狼の血」の松坂桃李レゴでも有ったら買ったけど)

ビール買う時間は無かったけど、私は期待に胸を膨らませ席に着きました。

結果

3.8   でした・・。悲。

何がいけなかったかなぁ。うーん。

それはともかく、お話はフロリダのディズニー・ワールドの側に建つ安モーテル「マジック・キャッスル」に住むホームレスの母子を中心に回っています。

6歳のムーニーはおませで早熟な女の子。いつも仲良しギャング仲間とつるんで観光客に悪さしたり冒険に満ちた生活を楽しんでいます。

そんなムーニー達子供を厳しくも優しく見守るモーテルの管理人ボビー。

子供の視点から見ると楽しさに彩られた毎日の暮らし。しかし貧困に苦しむ大人たちの現実が影を落とします。そして。

という物語。

何だろ。ネタバレになるような事は言ってはいけないと思っているけど、これはいいかな。

ムーニーの母親のヘイリーが駄目過ぎる。スコッティの母アシュリーは同じ境遇でも地道にウエイトレスの仕事をして暮らしているのに、ヘイリーの暮らしは正にその日暮らし。真面目に働こうともせず、安売りのアウトレットで仕入れた香水を観光客に売りつけたりして日銭を稼いでいる。

彼女自身高校をドロップアウトして(多分)10台で子供を産んだりしてまだまだ未熟なのだろうけど、それにしても無軌道で行き当たりばったりな生き方はどうかと思う。そんな彼女が全ての原因なのだから。

私の好きな場面はフロリダの真っ青な空に大きな虹がかかってムーニーとジャンシーが走り出すところ。

そしてディズニーワールドの美しい花火を眺めながらヘイリーとムーニーがジャンシーのお誕生日をお祝いしてあげるところ。

逆に恐ろしかったのは得体の知れない初老の男が子供たちに近づいていく場面。ボビーのとっさの判断で危機を逃れたものの、アメリカの闇を見た気がした。(ここのボビーの子供達を守る行動が強い父親のようで感動)

なんで今一つ心に刺さらなかったのかと言うと、アメリカの貧困社会に生きる人々の話はもう散々映画で観て来ており目新しさを感じられなかったのと、粗暴な行動をとるムーニーの母親ヘイリーに全く感情移入出来なかったため。

最後の終わり方がマジカルと言われているけど確かに私にとって新鮮な終わり方であり、一筋涙が流れた。やっぱり魔法の王国ディズニーワールドには何か特別なマジックがあるのかな。

これからご覧になる方は私の様に期待を高め過ぎず、自然体で観ればまた評価も変わって来るかもです。

P.S 個人的にびっくりしたのがヘイリーとアシュレーの刺青。なんじゃあれ。女であそこまでやるか。ジャスティン・ビーバーやエド・シーランじゃないんだから。日本ではプールも温泉も禁止だよ。アンジーのタトゥーはカッコいいけど、普通の人ならせいぜい胸元や足首にワンポイント程度にやるのが絶対可愛いと思う。私だったらそうする。