佐藤

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法の佐藤のレビュー・感想・評価

4.9
新宿バルト9

子供の純真さ(唾吐きのイタズラをも)を肯定する事がもはや失われた懐かしさから来る大人の感傷でもある気はするんだけど(いつもそうしてしまうので)、そんなもの程度ではビクともしないくらい子供たちは実在論者だった。
〝事実、そうである〟としか言いようの無い映像の連続(見て、虹!みたいのとか最高でした)に、真に心震わされるものがあるのかなって。今では意味や価値で判断しがちな大人になってしまったので尚更感動するものがあった。
子供の破壊/創造のパワフルさと〝大人のなり方〟みたいなものを思い起こさせる、また突きつけられる気もして、まだ他にも〇〇ランドへ続くような秘密の通路的な見方があるんだろうななんて思ったり思わなかったり。それと大好きな『三ツ星カラーズ』を思いながら見てた笑